子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉にできる良性の腫瘍で、30〜40代に多い病気です。場所や大きさによって症状には個人差があり、不妊の原因にもなることもあります。なかにはまったく自覚症状がなく、妊娠によって筋腫が発見される人もいます。

症状チェック

これらの項目の多くに心当たりがあれば、早めに受診しましょう。

  □ 月経血の量が多く、生理期間が長い
  □ 生理ではレバー状のかたまりが出ることもある
  □ 生理中に疲れやだるさを感じやすくなった
  □ トイレが近くなった、便秘になった
  □ 生理日以外でも下腹部に痛みや張りを感じる
  □ 下腹部にしこりがある

症状が軽ければ妊娠・出産も可能

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、大きくなっても生命に関わることはなくがん化することもまずありません。ただし、筋腫が大きかったり数が多くて子宮内膜に凸凹ができていたり、受精卵が着床しにくい場所にできていたりすると妊娠しにくくなったり、流産、早産の原因となることもあります。

筋腫の数も少なく、サイズも3〜4cm程度であれば問題なく出産できるケースの方が多いため、あまり心配しすぎる必要はありません。ただし、歳月を経るごとに筋腫は大きくなりますし、妊娠中も大きくなりやすいため子どもが欲しい人は早めに妊娠するようすすめられます。

不妊の原因なら手術することもあります

検査を受けて子宮筋腫の疑いがある場合、6カ月に1度は婦人科を受診し、筋腫の状態を診てもらいましょう。場合によっては筋腫を小さくする効果のあるホルモン剤を使用することもあります。

また、筋腫の大きさや位置によって不妊につながっている場合には、その部分だけを取り除く手術がおこなわれる場合もあります。7〜8cmくらいの大きさになっていれば、切除してから妊娠に臨んだほうがベターです。

トラブル・病気カテゴリーの最新記事