装着6ヶ月検診。感動!情けなったあの私にサヨナラ【ミレーナ体験談9】

装着6ヶ月検診。感動!情けなったあの私にサヨナラ【ミレーナ体験談9】

こんにちは。「ババア、育児をする」のババアです。

産後、月経量が多くなり、生理痛もてツラく、悩んだ結果、新しい手を打とうかと、ミレーナを装着しました。ミレーナとの出会いからその後の経過までをお話しします。前回は、ミレーナ装着後5ヶ月目の様子についてお話ししました。

今回は、ミレーナ装着後6ヶ月の検診に行ってきた様子をご報告します。

※ミレーナをオススメする!というわけではありません。あくまでも個人の体験談ですから、詳しいことは産婦人科にご相談!

図にしてみて、どんどん生理が軽くなってきたんだな〜というのが、今回よくわかりました。もちろん、ここまでくるには「ダラダラ出血」で、地味に面倒なことも多かったのですが、それもやっぱり、先生が言った通り「過ぎてみればなんてことない」って感じです。

結論!
激痛や大出血であれば忘れられない経過報告になるわけですが、ダラダラ少量出血は過ぎてしまえばなんてことないッ!!(もちろん当時はナプキン代が地味にかかったりして面倒でしたが)

そして、「とにかく汚れないのがありがたい」ということ。これはもう人それぞれだと思いますが、下着や服を汚さないように上手にできる人もいれば、私のように気をつけていても汚してしまった…という経験が多い人もいるでしょう。

そして、血で汚れた服や下着を洗う時の情けなさと言ったら!! お気に入りだった下着が血で汚れてしまい、どれだけ洗ってもきれいにならず、泣く泣く捨てたことも覚えています。

私は生理が重いのをなんとかしたくてミレーナを装着したわけですが、こうして半年経ってみて、「こんなに産婦人科に定期的に通ったのも初めてだなあ…」と思いました。それは思わぬ効果というか、そのおかげでこれまで以上に産婦人科に行くことへのハードルが下がり、気軽に相談できるようになったのです。

乳がん検診も授乳中でできていなかったのが気がかりだったのですが、ミレーナの通院がなければわざわざ予約しなかったかも(自治体からの助成は40歳からだったりして、こうして個人的に予約しないとなかなか機会がないもので…。職場の検診などでも、30代の乳がん検診は有料オプションですしね〜)。

先生も最初こそ「2人目産まなきゃ!!」なんて強烈(?)キャラでしたが、割となんでも相談しやすい雰囲気の方です。そもそもミレーナを扱っている病院はそう多くないし、話しやすい先生に当たったことはラッキーだったのもしれません。

生理のことや婦人科系の病気のこと、気軽に話せるかかりつけ医というのは本当に大切なんだなと思った次第ですッ!!

私は30代でようやくここまでたどり着きましたが、正直、こんなに生理が重いのは正常じゃないって子どもの頃に教えて欲しかったです。いや、教えて欲しかったというか、私が相談すべきだった。そして、相談できる場所があるべきだった。というのが正しいでしょうか?

私は娘にとって、相談しやすい母親でありたいなぁと思ったのでした。
そんなミレーナ6ヶ月後でした。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

生理コントロールカテゴリーの最新記事