「まだ早いんじゃない?」でも結婚したい!彼の頼もしさに心動かされ…

「まだ早いんじゃない?」でも結婚したい!彼の頼もしさに心動かされ…

夫との出会いは、お互い34歳のとき。友人主催の合コンがきっかけでした。でも、そのとき交わした言葉はわずかひと言……。それが9カ月後には結婚を決意するんですから、人生わからないものです。まわりには「早いんじゃない?」と言われましたが、それでも私には「彼と一緒にいたい!」と思える出来事があったのです。

合コンではひと言しか話さなかった夫

同い年の夫とは34歳の4月、3対3の合コンで出会いました。彼の友人が盛り上げ役となって1人でずっとしゃべっていたため、席替えで彼が隣に座っても、交わした言葉は「お友だち、面白い方ですね。ドリンクバーはあっちですよ」だけ。合コンは一次会で解散だったし、とくに連絡先も聞かれなかったので、「この合コンからは何も始まらないんだろうな」と思っていました。

ところが後日、彼の友人を経由して私の友だちに「彼が連絡先を聞きたいって言っている」というコンタクトが。連絡先の交換に応じて彼と電話で話してみると、彼はとてもおしゃべりで会話も楽しく、「声も好きだな……」と思いながら長電話。それから2回ほど食事に行って交際が始まりました。

ほどなく彼の友人の集まりに連れて行ってもらったり、ひと月足らずで彼のお母さんや叔父さん、いとことの食事会にも参加したり。日帰りや遠出での旅行にも行きました。その間も週の半ばと週末には必ず会い、1日何度も連絡を交換。毎日連絡を取り合う彼には安心感があり、こんなことは今までなかったので、「この人といたら楽しいし、ずっと一緒にいられたらいいな」とも思っていました。

しかし、これだけ密に会って連絡もとっていましたが、このときはまだ、2人の間で将来の具体的な話をしたことがありませんでした。というのも、私は28歳のとき、結婚を約束した彼が転勤で遠距離恋愛となり、うまくいかなくなって破談になったことがあったからです。そのことが尾を引いて、私からは怖くて結婚の話をできませんでした。

彼からプロポーズ!しかし翌朝…

そんななか、職場で来年度の勤務について面談する予定が入りました。「今後のことを真剣に考えるなら……」と、私は意を決して、彼に将来のことを聞いてみたのです。

すると彼は「ちょっと待って。ちゃんと考えてるから」との答え。それから数週間後のある日の夜、彼の家で突然プロポーズされたのです!

「結婚してください」と書かれた手紙を添えてガラスの靴を渡されたのですが、手紙にまったく気づかなかった私は、ただ靴を見て「かわいい~!」と大盛りあがり! 彼は笑っていましたが、私は手紙を見つけてからはすぐに「はい」と返事をして、その日の夜は幸せを感じながら2人でゆっくり休みました。

しかし、次の日の朝、私は母からの着信で飛び起きました。電話に出ると、「お父さんが倒れた。意識がないの」と、ひと言……。慌てて実家に帰り、搬送先の病院へ。動脈瘤破裂によるくも膜下出血が原因で、着いたときにはすでに意識はなく、倒れて5日目の日付が変わったころ、家族に見守られながら息を引き取りました。

倒れる数日前、父とは電話で話をしていたんです。前から結婚したい彼がいることは伝えていたので、そのときも「年内には連れてきなさい。心配なんだ。お前がかわいいんだよ」と言ってくれて……。会わせられなかったことは心残りですが、意識はなくとも、まだ息のあった父の耳元で「ちゃんとプロポーズされたよ。幸せになるからね」と報告できたことは救いでした。

彼には倒れてから一連のことをすべて伝えていたので、亡くなったときもメールで連絡。お通夜にもきてくれて、親戚一同の前でしっかり挨拶してくれた姿に頼もしさを感じました。そして四十九日も無事に終えて落ち着いたころ、改めて私の実家にきた彼は、母に自己紹介したあと、「娘さんと結婚させてほしい」と、しっかりとした言葉で言ってくれました。

私たちが住む熊本で大地震が発生!

それから2カ月後の2月、私たちは入籍しました。間もなく妊娠もわかったので「結婚式を早めないとね~」と話していた矢先の4月、今度は熊本地震が発生! 自宅に被害はありませんでしたが、数日間の断水と2回目の本震による不安で、産婦人科を受診するほど、私は体調を崩してしまいました。そのときも彼は私をしっかりと守ってくれました。

また、地震後、断水で近くの水源まで一緒に水を汲みに行ったり、倒壊した知人の家に水や食べ物を届けに行ったりするなかでの彼の行動は「頼もしくてやさしい人だな」と再認識。彼には感謝しかありません。

その後、おこなった挙式と披露宴では、地震でまだ落ち着きが取り戻せていないなか、たくさんの方からお祝いをしてもらい、夫は感謝の気持ちをはっきり言葉に表してくれました。そんな姿に、また惚れ直しています!

まとめ

付き合って9カ月での入籍に、まわりからは「早いんじゃない?」と言われたりもしましたが、父の死去や熊本地震など、悲しくてつらい経験を2人で一緒に一つひとつ乗り越えてきたので、私はこのタイミングで結婚してよかったと思っています。

現在、結婚5年目。夫は3人の子煩悩パパとなり、子どもたちもパパ大好きっ子! 心臓の病を抱えて生まれた次男には心配もたくさんしましたが、このときも2人で話し合って乗り越えてきました。今は手術をして元気いっぱいに過ごしています。これからもいろんなことがあるでしょうが、2人で話し合って、ひとつずつ一緒に乗り越えていきたいと思ってます!

文/井上ももさん

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談マンガはこちら

結婚カテゴリーの最新記事