「こんな体じゃ付き合えない」幼少期の病気が再発!別れる覚悟で彼に伝えたら…

「こんな体じゃ付き合えない」幼少期の病気が再発!別れる覚悟で彼に伝えたら…

私には10年ほど付き合っている彼がいました。でも、結婚はあまり深く考えたことはなく、仕事が優先。同級生は結婚・出産ラッシュでしたが、私は「頑張った自分のご褒美に旅行をしたり遊んだり。楽しい生活ができれば独身でも悪くないよな~」と思っていました。そう思うに至った私なりの事情があったのですが、その事情を覆す出来事が起こったのです……。

関連記事:
「言ってくれればいいのに」義実家の食事で驚き!夫の食習慣とは…?

学校の卒業と同時に付き合って約10年

彼とは約10年付き合っていました。彼は両親が離婚をして借金を抱えていたこともあり、バイトをしながら学費や生活費を払っていた苦学生。彼の父親は、離婚でのストレスが大きかったのか、定年退職後に体調を崩し、若くして亡くなりました。

だから彼は母親をとても憎んでいて、「俺は結婚しなくてもいい。子どももいなくていい。楽しく暮らせればそれでいい」と言うような人でした。

そんな彼から、学校の卒業と同時期に告白されて、なんとなく付き合い始めることになった私。と言っても、遠距離だったので付き合っている実感はあまりなく、彼氏というより友だちのような感覚……。ときどき連絡をとったり、長期休みに遊びに行ったりするうちに10年が経った感じです。

でも、私はこの距離感が心地よくありました。実は、私も結婚や出産に対して関心が薄かったんです。その理由は、小学校の授業中に、私がてんかんの発作を起こして意識を失い、病院に救急搬送されたことに由来します。

実は発作後、友だちは私を避けるようになって、私はいつしかひとりぼっちに。男子は何度も発作を起こしたときのマネをしては、私を笑い者にして……。中学生になっても、発作を見られた同級生と一緒だったのが何よりつらく、早く卒業したいと思い、高校は私を知る同級生がいない学校を選びました。

そんなことがあったため、病気をバカにした男子や、急に態度を変えた友だちには怒りと恐怖があって、「男性には頼らない。ひとりでも生きていけるようになりたい!」と小学生ながらに決意。「家庭を築くとかそんな高望みはせず、健康に生きていければそれでいい」と思っていたのです。

幼少期の病気が再発!将来が不安に…

その後、私は開頭手術と投薬治療によって発作は起こらなくなり、薬を飲まなくても普通の生活が送れるようにまでなっていました。ところが、社会人になって仕事での激務によるストレスで私は体を壊し、病気が再発。仕事はドクターストップがかかり、薬も今後一生飲み続けるように言われてしまったのです。

私は、幼いころの病気がいつかまたやってくるだろうと、心の片隅で思っていました。それもあって「結婚はしなくていい」なんて考えていましたが、仕事にも日常生活にも制限がかかった現実に直面し、今後の人生に支障が出るだろうと思ったら、急に将来が不安になりました。

「彼に病気のことを話したら、別れようと言われそう――」。

今思えば、病気のことを伝えて彼に嫌われるのが怖かったのかもしれません。「病気が再発したら、相手が驚くのではないか」「病気を隠していたことを怒るのでは……」そう思っていました。

だから、彼のことは「彼氏」とか「付き合っている人」とか考えず、「遊び友だちなんだ」と自分に言い聞かせて、本気で好きになることから逃げていたような気がするのです。

でも、「体が不調な私より、健康な女性のほうが、彼も安心して生活していけるはず」「彼が幸せになれば、私はそれでいい。私と一緒にいて、心配させたり迷惑かけたりしたくない」とも考えるようになり、私はこれまで目を背けていた彼との関係にきちんと向き合って、彼に現状を伝えようと決意したのです。

結婚カテゴリーの最新記事