試験真っ最中に「これ生理だわ…」放置すれば最悪の事態、でも席も外せず…

試験真っ最中に「これ生理だわ…」放置すれば最悪の事態、でも席も外せず…

「今だけはやめてほしい!」というタイミングに限って生理が始まってしまうことって、意外とよくあります。私はTOEIC試験の真っ最中に生理が始まってしまい、動揺してしまったことがあります。

準備万全にして挑んだTOEIC本番

就活やインターンのために武器の一つとして英語力を使おうとしていた私は、大学3年生のときにTOEICの試験を受けることにしました。当時の私は国内だけで活動している企業だけでなく、外資系の企業も狙っていたのです。そのため、TOEICの点数はそこそこ高い点数を取らなければならない状況でした。

しかし私は、大学受験のためのセンター試験で全9科目のうちで英語の点数が一番低かったほど英語が苦手。そんな私でも、就活では頑張りたいと一念発起し、このTOEICの試験に向けて今までで一番真面目に英語の勉強をしていたのでした。

なんとテスト中に!お尻の違和感に気づいた…

準備万全、やる気十分で迎えたTOEIC試験本番。少し緊張していましたが、落ち着いて試験開始を迎えることができた、そう思っていました。

しかし、開始10分後ほどに事件は起きました。妙な違和感があることに気付いたのです。水分が垂れているような、少し蒸れているようなその感覚は、紛れもなく生理の始まりでした。

「よりにもよって、頑張らないといけないTOEIC試験本番で生理が始まってしまった! でも今はトイレに行ってナプキンをつけられるような時間はない、かと言ってこのまま放置していて、ズボンまで汚れてしまったらどうしよう!」。そう考え始めた私は集中が切れてしまい、目の前にある英文がまったく頭に入らなくなってしまいました。

生理への心配に加えて、試験に集中できなくなったことへの焦りで、私は今にも泣き出しそうな状態になってしまったのです。

運良く汚れていなかったショーツとズボン

しかしその後、「せっかく今まで準備してきた試験だし、幸いショーツには小さいけどおりものシートを付けてある。少しくらいなら大丈夫なはず!」と思い直した私は、なんとか集中力を取り戻しました。

そうして残りの試験を無事終えた私は、試験終了直後、誰よりも早く立ち上がってトイレに向かいました。急いでショーツやズボンを確認すると、幸いどちらにも経血のシミはできていません! 私は一気に気が抜けて、「面倒なことにならなくてよかった」と胸をなでおろしたのでした。

まとめ

結果的に、TOEIC試験結果に悪影響もなく、生理による衣服への被害もなく、事なきを得ました。けれど今後同じようなことで痛い目を見ないために、生理開始が近い日にある大切な予定の際は、予め生理用ナプキンを付けておくという対策をしておきたいと思いました。

監修/助産師REIKO
著者/橘 純香

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談マンガはこちら

生理の失敗カテゴリーの最新記事