人気のソフィ「はだおもい」vs「SPORTS」何が違うの?使い比べ!

人気のソフィ「はだおもい」vs「SPORTS」何が違うの?使い比べ!

以前、「羽なしでもショーツが無事?!「ソフィ」シリーズの新商品がスゴい」にて、ソフィシリーズから新たに発売になった、ソフィ「SPORTS」を使ったという方のSNSでの口コミをご紹介しました。では、同じソフィシリーズの「はだおもい」と「SPORTS」ではどう違うのか……。新しいナプキンが出るたびにお試し購入しているという寺田さんに、実際に使い比べてもらいました。

<今回チェックしたアイテム> ※価格は税抜価格
・ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用 羽つき26cm(17個入)334円
・ソフィ「SPORTS」特に多い昼用 羽つき26cm(19個入)328円

<使い比べした方>
寺田さん(31歳)、既婚、子ども1人
自宅では、ロリエ「しあわせ素肌」やソフィ「はだおもい」、お出かけには「Center-in」などを使い分け。そのほか、過去にはウィスパー、エリス「Megami」、エリス「コンパクトガード」、ソフィ「ボディフィット」など気になる新商品が出るたびに試して、快適なナプキンを求めている。生理タイプ:初日・3日目は普通・2日目は特に多い・4〜6日目は軽い、平均周期は25日、生理痛は2日目は鎮痛薬を飲むレベル

薄さと重さをチェック!

まずは、個包装で、薄さ・重さを比べてみます。

ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用…厚さ約1㎝、重さ約7.9g
ソフィ「SPORTS」特に多い昼用 …厚さ約6㎜、重さ約8.6g

次は、ナプキン本体の、薄さ・重さを比べてみます。

ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用…厚さ約5mm、重さ約6.6g
ソフィ「SPORTS」特に多い昼用 …厚さ約4mm、重さ約6.7g

「ナプキンとデリケートゾーンが触れる、いちばん盛り上がっているところで比べると、1mmほどしか差はありませんでした。本体の重さはほとんど変わらず、むしろ1mm厚みのある『はだおもい』の方が0.1g軽いのが意外でした」(寺田さん)

肌触り&やわらかさをチェック!

では、実際にナプキン表面を手で触れてみます。

●ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用の触り心地は?
「はだおもいはふわふわ柔らかい触り心地。デリケートゾーンが特に盛り上がっていて立体的に感じ、その部分が特にやわらかく感じます」(寺田さん)

●ソフィ「SPORTS」特に多い昼用の触り心地は?
「メイク用コットンの表面のような、なめらかな肌触り。デリケートゾーンの部分が若干盛り上がっていますが、ほぼ平坦で薄く感じるため、本当に漏れがなく吸収できるのか心配になりました」(寺田さん)

次に、デリケートゾーンにナプキンを当てたときの感覚をチェックしてもらいました。

●ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用は?
「薄いけれどふんわりやわらかく、デリケートゾーンにあたる吸収体がしっかり経血を受け止めてくれそう、という安心感もありました」(寺田さん)

●ソフィ「SPORTS」特に多い昼用は?
「見ていたときと着けたときのギャップがかなりありました。やわらかく包みこまれている感覚があり、あんなに薄かったのにこんなに包容力があるの? と正直驚きました。また、盛り上がった部分が少ない分、体とのフィット感が高かったです」(寺田さん)

ショーツとの接着面をチェック!

ナプキンを裏に向けて並べてみると、一見そんなに違いは感じませんが……。

●ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用の場合…
「デリケートゾーンに貼り付けるところは、縦方向に全部で12本(センターを少し空けて両側に6本ずつ)幅約2.5mm×長さ18cmのテープが貼られています。両サイドの羽には縦に幅約1.4mmのテープが1本ずつ貼られています」(寺田さん)

●ソフィ「SPORTS」特に多い昼用の場合…
「ショーツのデリケートゾーンに貼り付けるところは、縦方向に14本(センターを少し空けて両側に7本ずつ)の幅約2.5mm×長さ18cmのテープと、羽の位置からお尻に向けて両端に幅約2.5mm×長さ12.5cmのテープが1本貼られています。両サイドの羽には、縦方向に幅約3.5mmのテープが5本ずつ貼られています」(寺田さん)

吸水・乾燥の速さは?

どれくらいの速さで経血を吸収し、乾くのか、水に少量の着色料を混ぜて調べてみました。

●ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用の場合…
「水滴が落ちた瞬間に吸収してくれました。水滴が落ちる→吸収する→表面が乾くの一連の流れが1秒かからないほどでした」(寺田さん)

●ソフィ「SPORTS」特に多い昼用の場合…
「水滴が落ちる速度や場所によって異なるのか、ナプキンに落ちてもぷるんとした水滴の状態のままになることがたまにありました。水滴のままにならずに吸収してくれるときには2秒ほどかかりました。また、吸収した後も表面がしっかり乾くときもあれば若干濡れているままのときもありました。 本物の経血ではないとはいえ、はだおもいと同じ条件で比べても差が歴然でした」(寺田さん)

どっちがヨレない?動きやすい?座ったときは?

ラジオ体操・ストレッチ・椅子に座るなどの動作をして、ヨレないか、動きやすいか、などを比べてみました。

●ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用の場合…
「ラジオ体操やストレッチをすると、厚みがある分動きづらさがありました。ヨレることはなかったものの、動けば動くほど体にフィットしているというより下着とくっついていて、厚みがゴワゴワしてちょっと邪魔……という感じ。ヨレることもズレることもなかったけれど、運動するときには不向きだと感じました。ただ、座ったときは厚みによってしっかり吸収してくれそう!という安心感がありました」(寺田さん)

●ソフィ「SPORTS」特に多い昼用の場合…
「本当にスポーツという名前がぴったりで、圧倒的に動きやすかったです。ラジオ体操やストレッチをしても、体の動きについてきてくれて、フィットしている感じがしました。座ったときもフィット感はありますが、吸収の速さを比べたあとだったので、吸収が遅くて流れて漏れてしまわないかと不安になりました(試している期間に漏れることはありませんでしたが)」(寺田さん)

使い比べてみた結果、発表!

「それぞれのいいポイント、惜しいポイントなど、違いがよくわかりました。私が購入したお店では、ソフィ「はだおもい 極うすスリム」特に多い昼用(羽つき26cm)は1枚あたり約20円、ソフィ「SPORTS」特に多い昼用(羽つき26cm)は1枚あたり17円。

ソフィ「SPORTS」特に多い昼用(羽つき26cm)のほうが安かったですが、その差はわずか。吸収の速さや速乾性など、肌の不快感が少ないと思ったのは「はだおもい」、動きやすさを重視するなら「SPORTS」のほうがいいのかなと感じました。

今までは、日中の自宅で過ごす用のナプキンを1種類、夜用の長いナプキンを1種類用意して、お出かけ用は、持ち運びのコパクトさを重視していました。でも、これからは、お出かけ用は動きやすさを重視したソフィ「SPORTS」をプラスしてもいいかなと思っています」(寺田さん)

寺田さんは使い比べてみて、ソフィ「SPORTS」は「アクティブに動きやすいナプキン」と、ソフィ「はだおもい 極薄スリム」は「肌にやさしいナプキン」という感想をもったようです。

「生理中でもよく動くからズレないナプキンがいい!」「激しい動きはないけど、経血を早く吸収して肌の不快感が少ないものがいい!」など、ナプキンに求める機能は、そのときによってさまざまです。自分のライフスタイルに合ったナプキンを見つけたいですね!

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。
※本記事の内容は公開時に確認した情報のため、商品によっては変更となっている場合があります。

生理グッズカテゴリーの最新記事