惨敗続きの合コン。覚悟を決めて老後貯金を始めたら思わぬ「ご縁」が!

惨敗続きの合コン。覚悟を決めて老後貯金を始めたら思わぬ「ご縁」が!

私にとって結婚は、親・親族・友人からのプレッシャーとも闘う、レンジャーの訓練くらい過酷で、厳しいもの……。20代でこの現実に直面し、大荒れの日本海でひとりバタバタともがいているような状態でした。

ご縁を求めて合コンをはしごするも連戦連敗

高校生まで彼氏ができなかった私。オンラインゲーム全盛期の小中学生時代に『ネット彼氏』をつくっていた黒歴史を抱えつつ、それなりに楽しく生きてきました。 

高校を卒業して就職すると、22歳ごろに結婚ラッシュの第一波が、25歳ごろに第二波が襲来。これらの波に乗れなかった私は、さまざまな合コンへ参加しました。

当時は企業や飲食店、行政による大規模な合コンが随時開催され、日本全体がこぞって若者の結婚を後押ししていた時期。ただ、たいていの合コンは2人1組での申し込みが多く、彼氏持ちや所帯持ちの友人が多かった私には、参加のハードルが高いものでした。

それでも頑張って、参加できる合コンには出席。あまりに行きすぎて「まったく別の合コンで同じ人に出会う」というディスティニーまで起こしたことも……。それでも「ご縁」には恵まれませんでした。

転職で出会いのチャンスが激減! さらにご縁が遠のく

20代半ばで転職した私は、ますますご縁が遠のきました。まず出会いがありません。というのも、新たに就いた外回りの仕事先に若い男性が皆無で、「若い男は絶滅したのかな?」と現実逃避したくなるほど、周囲に結婚適齢期の男性がいませんでした。

あのころの私は「そろそろ結婚しなくちゃ!」「せめて彼氏つくらなきゃ!」「すぐに素敵な人捕まえなきゃ!」という固定観念に縛られていたのかもしれません。親や親族、友人からのプレッシャーを感じて焦っていたのかなと思います。

今振り返ると、追い詰められて切羽詰まった顔をしていたら、合コン相手も敬遠したくなるかなぁ……と。そのせいか、婚活を頑張っていたときには、なかなか良いご縁がありませんでした。

お茶しに行く軽いノリで会った男性とまさかの結婚!!

あまりにも出会いがないので、ちょっとあきらめモードになり、ひとりで生きていくための老後貯金を始めたころ、まさかの方面から「ご縁」はやってきました。 それは親からの紹介。つまりお見合いです。

といっても、仲人さんを立てて料亭で顔合わせ、なんて形式ばったものではなく、親から「知り合いの知り合いの息子さん紹介されたんだけど、どう?」って軽く聞かれた程度。私も「今彼氏いないし、いいよ!」と、これまた軽く承諾。まるでお茶しに行くような軽いノリで決めたお見合いでした。

しかし、この軽いノリで行ったお見合いで出会った男性とは、トントン拍子で交際に発展。プロポーズされて、結婚して、まさか子どもまで授かるとは、露ほども思っていませんでした。プロポーズしてきた当の本人(夫)も「まさか結婚するとは」と後に語っていますし、ほんと、結婚のタイミングって何なんでしょう。私も今だにわかりません。

周囲を始め、世間では「婚活!婚活!」と、「結婚はするべきもの」と押しつけるような風潮もあるように感じますが、必ずしも「しなければならないものではない」と思っています。ただ、私の場合、結婚はしてみると楽しくて幸せなものです。

ふとしたときに出会えるものが「ご縁」。夫は、顔はまったくタイプじゃないし、ちょっと太めだし、仕事も普通のサラリーマン。でも、そんな夫が私は大好きです。

文/おののののこさん

妊娠・避妊・不妊カテゴリーの最新記事