「妊娠…してた!」多嚢胞性卵巣症候群の私が感じた「妊娠」という奇跡

「妊娠…してた!」多嚢胞性卵巣症候群の私が感じた「妊娠」という奇跡

現在、第1子を妊娠中のゴマフぱんださん。でも、ここに至るまでには、いろいろなことがあったそう。学生時代からの生理不順、多嚢胞性卵巣症候群の判明……。それらを乗り越えて、妊娠するまでの様子をマンガで公開されています。

前回のお話:「ついにこの日が!」治療を開始後、初の診察日。医師に告げられたのは…

今回は最終話「#ありがとう」をお届け。
多嚢胞性卵巣症候群と診断を受け、服薬を開始して1カ月。基礎体温が整い、高温期が続いていたところに、医師の診察で、妊娠が判明しました。

長年の生理不順や、多嚢胞性卵巣症候群の判明など、妊活中にはいろいろありましたが、自分が経験してみて、妊娠って本当に奇跡なんだなと思いました。

妊娠判明後も、妊娠中には越えなければならない壁がたっくさんありました。

でもそのおかげで、自分や夫が今生きてることのありがたみとか、両親への感謝の気持ちがますます強くなりました。そして何だかほんとに涙腺がゆるくなりました。

これから迎える出産も、育児も毎日が奇跡の積み重ねなんだろうな。先輩ママさんたちには心からの尊敬しかありません! これからのことに不安や心配はもちろんありますが、奇跡を噛み締めながら楽しんでいきたいと思います!

監修/助産師REIKO

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談をもっと読む

関連記事:
「不安の種だらけ…」結婚したけど時代はコロナ禍…妊活するべき?【ゴママタ日記第1話】
「私が非常識!?」彼の母親に指摘された「世間のフツー」に驚き&反省…
「ないわ」生理症状のつらさを彼に訴えたら、ショックな言葉が返ってきた

妊娠・避妊・不妊カテゴリーの最新記事