「同じじゃないか!」結婚して初めて知った…夫は壊滅的に家事ができない!

「同じじゃないか!」結婚して初めて知った…夫は壊滅的に家事ができない!

もともと他人だった2人が一つ屋根の下一緒に暮らすことは決してラクではありません。結婚はお互いの価値観のすり合わせと妥協の連続だと思いますが、わが家の場合、最初に問題になったのが家事の分担。夫は、壊滅的に家事ができなかったのです……。

関連リンク:
「公務員との結婚…覚悟が必要!?」意外!?結婚後の苦労とは…

壊滅的に家事ができない理由

ブラジル人の夫はとにかく家事ができません。家事をしないのではなく、できないのです。なぜなら、生まれてからほとんど家事をする必要がなかったから。ブラジルでは多くの中流階級以上の家庭にお手伝いさんがおり、夫の実家にも住み込みのお手伝いさんがいました。

小さいころからお手伝いさんがいるのが当たり前の環境で育って夫にとって、家事はお金を払って、誰かほかの人がする仕事。パン屋でパンを買うのと同じ感覚で、家事の外注は夫にとって当たり前のことだったのです。

そのことに気付いたのは、ブラジルに移住して2人で暮らしはじめてから。ブラジル人の夫とはオーストラリアで出会いましたが、そのころはそれぞれ別に暮らしており、夫の壊滅的な家事能力については知りませんでした。

夫は、食器を洗う、掃除機をかける、洗濯機をまわす、なんていう一般的に「家事」と言われることはまったくできません。それどころか使い終わったコップは机の上に置きっぱなし、脱いだ洋服はベッドの上に置きっぱなしなど、とにかく「~ぱなし」なことばかり……そんなレベルだったのです。

夫に家事をお願いしてみたけれど…

ブラジル移住してすぐは、私は仕事もなく、家にいる時間がほとんどだったので、夫が家事をしないことは、さほど問題ではありませんでした。ただ、この状態をいつまでも許容することはできません。将来的には私も仕事をしに外へ出るつもりでしたし、子どもができたときにこの状態では、私にだけ負担がきて困ってしまうのが目に見えていたからです。

夫と家事を分担しなくては!と考えた私は、とりあえず夫に食器洗いをお願いしました。「お手伝いさんを雇えばいいじゃないか!」という夫の言葉をよそに、とりあえず頼み込んで食器を洗ってもらったら……汚れはほぼ落ちておらず、泡がついたままの状態のものも。結局、洗い直しで私の手間は変わらぬまま。ほかにも掃除機かけや洗濯をお願いしたものの、教えるのも手間だし、また本人にやる気がないので、覚えてくれるわけもなく、結局夫との家事分担はうまくいきませんでした。

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • え…まさか私ががん!?
    子宮頸がん疑いで人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がん疑いで人生初手術をした記録。
    大福 さん
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • 恋愛こじらせ女が結婚するまで
    新婚夫婦の日常をつづっている、でんでんむしさんが描く、夫のまーちゃんと結婚するまでのお話です。
    でんでんむし さん
  • まさかのプロポーズドタキャン!?
    プロポーズが最悪だった話
    結婚、出産と将来のことを考えるようになり、彼に話すと彼からプロポーズ予告宣言! しかし、当日は"最悪"の展開で――!?
    まめ さん
  • 彼からプロポーズをもらいたい!
    プロポーズ待ちの私が…した話
    同棲を始め、結婚を意識し始めていた2人。しかし、彼からはアクションがなく…プロポーズしてもらうためむぎさんがとった行動は
    むぎ さん

結婚カテゴリーの最新記事