「怖い…!」生理が3カ月もきてない!初めての生理不順。戻ったきっかけが意外!

「怖い…!」生理が3カ月もきてない!初めての生理不順。戻ったきっかけが意外!

私は生理が3カ月こないという、ひどい生理不順を経験したことがあります。しかし、今では月1回の規則正しい周期で生理がくるようになりました。私が経験した生理不順はどのようなものだったか、また、規則正しい生理周期に戻ったきっかけなどをお話しします。

21歳で初めて経験した生理不順

初潮から20歳まで、当然のように月1回きていた生理が、21歳になってから度々遅れるようになりました。「生理不順」という言葉は知っていましたが、自分がその状態にあるとは思っていませんでした。

幸か不幸か、生理が遅れる以外の症状がなかったこともあって、病院には行かずに放置して様子を見ていた私。しかし、はじめは「生理予定日から数日遅れる」程度だった生理不順がだんだん悪化していき、半月遅れることが当たり前になっていったのです。

生理が3カ月こない!

自分が生理不順の状態にあるとハッキリ自覚したのは、生理が丸3カ月遅れたときです。それほど長く生理が止まると妊娠の可能性が視野に入りますが、当時心当たりはまったくなく、ピタリと止まってしまった生理に初めて「怖い」と感じました。

それでもなお、私は病院に行きませんでした。そのころの私は、仕事や人間関係に悩み、常に疲れ切っていたのです。生理不順の他にもいろいろな不調を抱えていたため、何から手を付けて良いかわからなかったのも理由の1つです。

あることをきっかけに生理不順が治った

長く続いた生理不順でしたが、あることをきっかけに自然に治りました。そのきっかけとは転職です。転職によって環境が変わり、仕事や人間関係に関する悩みから解放されたことで、生理不順が自然に治ったのです。もしかすると、私の生理不順の原因はストレスだったのかもしれません。

転職から何年も経った今も、生理周期に月単位の大きなズレが起こることもなく、予定通りに生理がきています。ストレスは万病のもとと言いますが、生理周期をここまで乱れさせてしまうこともあるのか、と驚きでした。

まとめ

生理不順とは無縁だと思っていた私ですが、そんな私でも生理周期が突然、大幅に乱れてしまいました。婦人科を受診していないので原因はハッキリわかりませんでしたが、過ごす環境のなかにあったのかもしれません。生理不順は、長引けば妊娠しにくくなるなどのリスクを孕んだ問題。思い切って環境を変えてストレスから離れた結果、ひどい生理不順から解放されて本当によかったと思っています。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO
著者/半田ふみ

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

トラブル・病気カテゴリーの最新記事