なんと病が判明…!心配性の彼にどう伝えるべきか…/デートの日倒れた

なんと病が判明…!心配性の彼にどう伝えるべきか…/デートの日倒れた

以前、子宮内膜症が判明し、治療をおこなった様子をマンガ「生理痛を気合で我慢してたら病気だった」で描いていらしたキクチさん。病気判明前にもひどい生理痛で倒れたことがあり、そんな彼女を支えてくれたのは「恩人」と呼ぶようになった彼。病気の彼女を彼はどのように支えたのかをつづったサイドストーリーです。

関連記事:
発覚!「生理重め」だけじゃない?【生理痛を気合で我慢してたら病気だった1】

キクチです。
これは、子宮内膜症と判明する前に起こった、とあるエピソードです。

我慢強い人、ホントにご注意くださいね。
そもそも生理が「痛い」のは異常なことらしいので(重いとか軽いとか関係なく)。 

ちなみに、病気を指摘されたのは、健康診断のときでした。
その時点では、詳しく検査もされてない状態だったので、どういう状態か、治るのか、などがわかってから、彼に報告したほうが、彼の心配も少なく、安心してもらえると判断しました!

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO

▼連載を最初から読むならこちら
▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら


キクチさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね!

この投稿をInstagramで見る

キクチ│片耳なんちょー(@kkc_ayn)がシェアした投稿

トラブル・病気カテゴリーの最新記事