え!これってガチだったの!?生理にまつわる都市伝説【Part.2】

え!これってガチだったの!?生理にまつわる都市伝説【Part.2】

昔からまことしやかに囁かれてきた、生理にまつわる都市伝説。「そんなわけないでしょ~」と半信半疑ながらも、なんとなく守ってきたことってないですか?
この記事では、その真偽を探るべく、生理中の噂について専門家の先生に質問してみました。第二弾となる今回は、「生理中、生理後」の噂を医学的に解明していきます!

答えてくれたのは……
三鷹レディースクリニック院長 天神尚子(てんじんひさこ)先生

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。
2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

生理中はチョコレートを食べちゃダメってホント?

△まぁまぁホント
「これはよく言われていることですよね。そもそも、生理前や生理中って食欲が増すようにできているんです。それは何故かというと、生理によってホルモンの分泌が急激に上がり下がりすることで、セロトニンという神経伝達物質の働きが低下して食欲の抑制が効かなくなるから。さらに何故チョコレートがダメなのかというと、チョコに限らず甘いものを食べると血糖を下げようとインシュリンがでますが、黄体ホルモンはインシュリンの分泌を増やすため血糖が下がりやすくなり、体温が下降すると同時に血流も悪くなるからなんです。

でも、チョコレートってたくさん食べなければ身体に良いものなんですよ。カルシウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などがバランス良く摂れるうえに、トリプトファンというセロトニンの原料が含まれているんです。

セロトニンが多く分泌されると気持ちが安定し、リラックスします。あと有名なのはポリフェノール。これには抗酸化作用や血管を広げる作用があって、健康に良いんです。ちなみに、ポリフェノールはダークチョコレートやミルクチョコレートなど、カカオ含有率が高いチョコレートに多く含まれています。カフェインも入っているので食べすぎは良くないけど、ひとかけらくらいならどうってことはないですよ」

生理中のセックスでは妊娠しないってホント?

◎ホント
「排卵までだいぶ時間があるので理論的にはしないですよね。もちろん、めちゃくちゃ元気な精子がいて2週間も体内で生きていたら妊娠するかもしれないけど、一般的には3日~1週間くらいで死んでしまうと言われています。

ただ、気をつけなければいけないのは、生理ではないのに出血があって生理だと思ってしまっている場合ですね。そういったことがないように、本来の自分の生理周期をしっかり把握しておくことが大事です。そもそも生理中のセックスは子宮の入り口が開いていて感染症を起こしやすいので控えた方が良いんですけどね」

生理痛が重い人は安産で、軽い人は難産ってホント?

×ウソ
「医学的な根拠はありません。単に、痛みに対して強いか・弱いかということでしょう。普段から生理痛がひどい人は痛みに慣れているというか、ある程度の耐性がありますよね。一方、普段まったく生理痛がないという人は、痛みの耐性がないわけですから。それだけの違いですよ」

生理後は痩せるってホント? 

◎ホント
「これはホント。一番良いとされているのは生理が終わった後の約1週間、エストロゲンという卵胞ホルモンがバーッと出ている時期です。この時期は、気分が安定して心も身体もすっきりしているんですよ。逆に生理前の黄体期はイライラしているし、水を溜め込んで浮腫んだりするのでダイエットには向きません。そういう周期を踏まえて、ダイエットに限らず先のスケジュールを決めたりすると良いと思いますよ」

まとめ

「生理にまつわる都市伝説Part2」、いかがでしたでしょうか。
第一弾に続き第二弾も、噂レベルだと思っていたことにしっかりとした医学的根拠があったりして、意外でしたね。
これらの噂のように、長年信じてきたことも、その知識が正しいとは限りません。何か不安なことや疑問があったら、恥ずかしがらずに婦人科検診を受けて医師に聞いてみるようにしましょう。

トラブル・病気カテゴリーの最新記事