「生理がこない…」入社半年、くるはずの生理がこず、受診したら…

「生理がこない…」入社半年、くるはずの生理がこず、受診したら…

少しサイクルはずれることはあっても「生理はくるのが当たり前」だと思っていた私。しかし。私は激務続きの社会人生活を送り、その考えを改めざるを得ませんでした。

朝早く出社、夜遅くに帰宅する生活

社会人になるまでの私の生理は約30日周期できちんときており、生理について悩んだことや戸惑ったことは一度もありませんでした。

しかし、金融業界へ就職し、午前7時~午後8時までひたすら飛び込み営業や電話営業をし、上司や先輩からも四六時中仕事に対して監視されるようになると、だんだんと生理に問題が現れるようになってきていました。入社4カ月~半年ほどすると、2カ月に1回であったり、4カ月に1回、そしてようやく生理がきても2日程度で終わるといったことが起きていました。

そしてその短期間で出血が終わってしまうときは、今までのような腰痛・腹痛は伴わず、出血していることにも直前まで気が付かない状態でした。

ただ、そのときの私は、仕事をこなすことに必死になっていて……。「生理がこない=腹痛もないし便利!」と考えが完全にダメな方向に向いてしまっていたのです。

さすがに病院に受診

最初は数カ月に1回はきていた生理が半年を過ぎたころはまったくこなくなってしまい、さすがの私も自分の体が心配になり、婦人科を受診しました。

このとき受診した婦人科は以前受診したことがあるところ。大学生のころに生理痛がきつすぎて、何か問題があるのではないかないかと通ったことがあったのです。

数年ぶりに受診してみると、診察してくれた先生は、「もともとは、しっかり排卵していた体だから、今はきっとストレスだね。心配だったら排卵を起こす薬を処方するね」と診断してくれ、「クロミッド」という排卵する(生理を起こす)薬を処方してくれました。

そして一度生理を起こしたらまた元に戻ってくれるのか?と淡い期待を抱いていましたが、そのようなことはなく、数カ月生理が止まれば婦人科へ行くというサイクルができてしまったのです。

トラブル・病気カテゴリーの最新記事