「最悪だ…」仕事中に予想外の生理!汚れはベージュのスーツにまで…

「最悪だ…」仕事中に予想外の生理!汚れはベージュのスーツにまで…

学生時代は生理周期も安定しており、いつも「そろそろくるな!」と思ったときからナプキンなどの準備ができていました。しかし、社会人となり初めての環境に慣れず徐々に生理周期が乱れるようになってしまい……。また、職場は8割が男性だったため、「生理だからしんどいです」と言いやすい環境ではありませんでした。そんななか、思わぬタイミングで生理がきて焦ってしまったときのエピソードです。

関連記事:
「なんで今日に限って!」全裸で寝ていたら、まさかの事態に大慌て!

徐々に生理不順になっていった新社会人生活

高校~大学時代は少々生活習慣が乱れていても、生理はきちっとした周期できていました。それが、初めて社会で働き出し、朝6時半に出勤をし、夜遅く退社する生活を送るようになってからは、精神的なストレスが関係したのか生理周期が乱れるようになっていきました。

働き出して1カ月~2カ月目は生理が遅れても1、2週間程度であり、事前におなかや胸が張るなどの症状がこれまで通りあったため、「そろそろだな」と準備しておくことができていました。

しかし、3カ月を越えたところからいつもならある「おなかの張り」「胸の張り」「においに敏感になる」といった生理前の症状がなくなってしまったのです。次の生理がいつくるのかわからず、準備や心づもりを何もしていないタイミングで生理がきてしまうことが増えていきました。

また、そのころきていた生理はこれまできていたものと異なり、生理痛をほぼ感じない、生理の期間も3日程度で終わってしまう、というものでした。

まさかのタイミングで生理がきた…

当時、営業をしていた私は、接客相手にも好印象を持ってもらえるようにと考え、生理がないときは明るい色のスーツを着るようにしていました。生理がそろそろくるな、とわかるときは、万一のことがあってもわからないようにグレーや黒色のスーツを着るようにしていたのです。

ある日のこと、営業の外回りが終わって支店へ戻り、席へ着こうとしたところ、同期から「ちょっと上行こう!」と焦ったように話しかけられました。私は同僚に言われるがまま付いていき、そこで初めて、その日着ていたベージュのスーツに経血が付いていることを知らされたのです。

私はまさかこのタイミングで生理がくるとはまったく想像しておらず、生理用品を何も持っていませんでした。そのため、同期からナプキンをもらい、また、スーツについた血を隠すために、ちょうど持っていたマフラーを腰に巻いて、仕事が終わるまでやり過ごしました。

生理の失敗カテゴリーの最新記事