【ダイソー】お悩み解決!携帯用ごみ袋が生理中にも便利すぎ!【100均】

【ダイソー】お悩み解決!携帯用ごみ袋が生理中にも便利すぎ!【100均】

生理期間中、使用済みのナプキンの処理に困った経験はありませんか? サニタリーボックスがないトイレや彼氏のおうち、義理の両親宅や友人宅へ遊びに行ったときだってサニタリーボックスがあってもトイレットペーパーにくるんで使用済みのナプキンを捨てるのって、なんだか気が引けますよね。

今回は、そんなときに便利に使える100均グッズを紹介します。

ダイソーの「携帯ゴミ袋」って?

私が生理中に外出するときには、ダイソーの「携帯ゴミ袋」がマストアイテムです。

このダイソーの携帯ゴミ袋は、ロールタイプのごみ袋とプラスチックのケースがセットになったもので、ケースにはフックつき。しかも、とってもコンパクトで、生理用品を入れているポーチにも入るサイズです。

ロールタイプでミシン目入り!

ミシン目が入っているので1回分ずつ切り取って使えます。

1ロールは12枚に切り取れます。つまり、1枚当たり約9.1円です。
※110円(税込)で計算

サイズは?

広げてみると……33×22cm!
これならナプキンを入れて捨てるのに十分なサイズです! 

袋を使い切っても、詰め替え用のロールが別売りもされていました! しかも、3ロール入りで110円とコスパも超優秀です。

ケースが壊れない限り、長く使えるのはエコですよね。

生理用のゴミ袋として使うときの方法

こちらの袋に、使用済みのナプキンを入れて……。

※撮影は未使用の生理用ナプキンを使って、再現しています。

袋の口を結びます。縦長サイズの袋なので、ナプキンを入れたあと袋の口を結びやすい点も◎。

また、魅力のひとつが、ゴミ袋の色に「黒」があるというところ。
中身が、まったく見えません。
こんな風に手を入れてみても、透け感はなし!

ダイソーでは、他の色の袋も販売されていましたが、生理用品処理袋として使うのなら透けない黒が断然おすすめです。

ニオイはもれない?

使用済みのナプキンを入れてすぐはニオイは気になりませんでした。しかし、経血は時間が経つにつれて臭ってくるもの。経血の量が多い日や長時間持ち歩いたとき、やはりニオイが気になりました。そんなときは袋を二重してみたら、軽減されました。

ニオイが気になるなら、ペット用マナー袋を使う手も!

使用済みナプキンを捨てられずに長時間持ち歩くときように「防臭タイプのペットマナー袋」も試しに購入してみました。

「防臭タイプのペットマナー袋」はどこで買えるの?

こちらはAmazonで購入。「うんちが臭わない 犬エチケット袋(生分解性 24 ロール + 1 ディスペンサー)」で実験。ポップなカラーの骨型ケースもかわいい♡

気になるお値段は?

24ロール入り+1 ディスペンサー付きで1,499円(税込み)でした。

こちらもミシン目入りで1ロールから15枚に切り取れますので、24ロール×15枚で全部で360枚。ということは、1枚あたり約4.2円。初期費用は掛かりますが、なんと100円ショップのものよりもお得でした!(2021年4月購入当時)

ダイソーのものとサイズの比較をしてみると…

ダイソーの「携帯用ゴミ袋」(黒)とAmazonで購入した「うんちが臭わない 犬エチケット袋」(緑)のサイズは、ほぼ一緒でした!なので、ペット用マナー袋もナプキンを捨てるサイズとしては問題なし!

中身が見えないかチェック!

残念ながら、Amazonで購入した「うんちが臭わない 犬エチケット袋」は、緑色の袋のため、中身が透けてしまいます。

手を入れるとこんな感じ……。

使用済みナプキンは、トイレットペーパーでしっかり包んでから入れたほうがベターですね。

「防臭タイプのペットマナー袋」のニオイ漏れは?

実際に使用してみると、防臭タイプというだけあって、ニオイ漏れはほぼありませんでした!もちろん、経血の量や持ち歩く時間などによってはニオイ漏れがする場合もあるかとは思います。そんなときは、二重にして使用するなどやはり工夫は必要かも。

100円という安さで気軽に買える携帯用ごみ袋。黒い袋なので中身が見えない点がGoodポイントで、生理期間中のちょっとした外出に持って行くマストアイテムとしておすすめです。

ただ、長時間の外出予定でにおいが気になる場合は、「防臭タイプのペットマナー袋」を併用するとよさそう。こちらは防臭効果だけではなく、1箱に24ロールも入っているので、100均よりもコスパがよいところもGoodポイントです。頻繁に買い足す必要がなく、これなら気兼ねなく使えそうですよね。

なかなか悩ましい、生理中の外出先でのナプキンの処理。よかったら、試してみてくださいね!

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

文/長南真理恵

生理グッズカテゴリーの最新記事