【GU】話題の「吸水ショーツ」/「手入れが面倒」は本当?のリアルリポ

【GU】話題の「吸水ショーツ」/「手入れが面倒」は本当?のリアルリポ

2021年3月初旬に新商品として発表され、テレビのニュース番組でも取り上げられて、話題になった「GU」のトリプルガードショーツ。このニュースで「吸水ショーツ」というものを知った人も多かったのではないでしょうか?

依然人気カラー&サイズの品薄状態が続いている「GU」のトリプルガードショーツ。今回は、お手入れについてのレビューをおこないたいと思います!

「GU」のトリプルガードショーツのお手入れ方法は?

最初に、「GU」のトリプルガードショーツについて簡単に説明すると、「GU」のトリプルガードショーツは、クロッチ部分(股に当たる部分)が「さらさらシート」「吸水シート」「防水シート」の3層構造になったショーツです。クロッチ部分で約15~20mlの液体を吸収するので、そのくらいの量であれば、生理の経血や尿モレなどにも対応できます。

詳しくは前々回の開封レビュー、前回の24時間チャレンジをご参照ください。
​●【GU】もう使った?話題の「吸水ショーツ」開封レビュー!注意点も!
【GU】生理開始から24時間チャレンジリポ!話題の「吸水ショーツ」

お手入れ方法については、トリプルガードショーツのパッケージの裏に記載があります。

お手入れ方法ほ、「もみ洗い」→「つけ置き」→「ネットに入れて洗濯機で洗う」→「干す」という手順がおすすめとのこと。必要なものは以下の通りです。

●つけ置き用のバケツ
●セスキ炭酸ソーダ
●洗濯ネット

筆者の場合、つけ置き用のバケツは、娘の保育園用手ふきタオルを消毒するために使っているバケツを使用し、洗濯ネットはいつも使っているものがあるため、セスキ炭酸ソーダのみ購入してきました。

セスキ炭酸ソーダ(セスキ炭酸ナトリウムとも言います)は、ナチュラルクリーニングのアイテムとして、最近よく耳にするようになったものですが、筆者はまったく使ったことがなく、どこで売っているのかもわかりませんでした。

生活雑貨も販売しているスーパーならあるかなと行ってみましたが、掃除用の「セスキスプレー」はあったものの……。「スプレーじゃ、つけ置きはできないよな」と改めて、ドラッグストアへ。

こちらで粉末タイプを見つけました!

500gで316円。1回に使う量が5~10gということなので、こちらで50~100回、つけ置き洗いができるということですね。

100円ショップがお近くにある場合は、100円ショップでも販売している場合があるようです。

セスキ炭酸ソーダは、血液汚れにも適しているようなので、経血汚れを落とす洗剤としては期待できそうですね♪ これで準備は整いました!

いざ!トリプルガードショーツを洗ってみよう!

ではさっそく、トリプルガードショーツを洗っていきましょう!

もみ洗い

筆者の場合は、お風呂に入るタイミングで、浴室内でトリプルガードショーツを洗いました!ぬるま湯で洗うと、吸収されていた経血が出てきます。ここで、ギュッギュッと経血が出てこなくなるまで洗いました。

つけ置き

トリプルガードショーツのお手入れ方法に記されている通り、セスキ炭酸ソーダを溶かした水に浸けていきます。バケツに水を1リットル入れたあと、小さじ2(約10g)のセスキ炭酸ソーダを入れました。

そこへ、もみ洗いをしたトリプルガードショーツを入れていきます。

※次の写真は、一度洗ったトリプルガードショーツで再現したものとなります。

待つこと3時間……。

キレイにもみ洗いしたつもりでしたが、セスキ炭酸ソーダを溶かした水に浸けておくと、落とし切れなかった経血がにじみ出てきていました!!! セスキ炭酸ソーダって、すごい! この手順は必ずしておきたいな、と思うほどの効果でした!

洗濯ネットに入れて洗濯機へ

次は、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う段階なのですが……。トリプルガードショーツのお手入れ方法には「吸収力が落ちるので、柔軟剤を使わないように」とあります。

筆者の場合、他の洗濯ものは柔軟剤を使用しているため、柔軟剤を入れずに洗うには、このトリプルガードショーツだけを洗濯機で洗うことになります。しかし、それはさすがにコスパが悪すぎる……。ということで、洗濯洗剤を使って手洗いをしました。

何枚もあると手間ですが、1日1枚の期間限定なら、手洗いでもいいかな、と思いました。

乾燥させる

手洗いしたトリプルガードショーツをよく絞ってから、室内干しにしました。「クロッチ部分が乾きにくい」とあったので、肌に当たるクロッチ部分と、さらに外側のクロッチ部分をピンチで留めて干しました。

1度にかかるお手入れはこんな感じでした。乾いたトリプルガードショーツはクロッチ部分が少しごわッとしたかな、という印象。これはやさしくもみほぐすとよいそうです。

結果:思ったほど面倒ではなかった!

セスキ炭酸ソーダを買ってきさえすれば、そんなに面倒ではなかったです。つけ置きの効果も実感できましたし、「つけ置きはやるべし!」という感想です。

残念だったのは柔軟剤がおすすめされていないことです。筆者の場合は、どうしてもほかの衣類は柔軟剤を使いたかったため、洗濯機で洗うということはしなかったのですが、これで柔軟剤OK!で洗濯機でほかの衣類と一緒に洗えれば、より楽ちんだったなぁと思います。

※柔軟剤については、布ナプキンの洗濯においても、吸収力が落ちるため推奨しないところも多いようで、この手のものの洗濯については仕方ないことなのかもしれません。

たくさんあるものではないし、手洗いでも思ったほど面倒ではなかったので、ナプキンを頻繁に替えたり、使用済みナプキンの処理をしたりということを考えれば、吸水ショーツという選択肢は、個人的には「アリ!」という感想でした。

大人気の「GU」トリプルガードショーツ。試してみたいなと思っているかたは、参考にしてみてくださいね。

生理グッズカテゴリーの最新記事