生理が激痛!道端で動けなくなった私。通り過ぎるばかりの道行く人のなか…

生理が激痛!道端で動けなくなった私。通り過ぎるばかりの道行く人のなか…

ある生理中の日、生理痛を少し感じつつも、やむを得ず買い物へ出かけた私。しかし、途中で生理痛が悪化して、動けないほどの痛みに襲われてしまい……。ピンチに陥ってしまったのです。

痛みで動けない!声をかけてくれたのは…

大学生のときのお話です。その日は生理中で、生理痛で腹部に少し痛みを感じていましたが、ナプキンのストックがなかったため、買い物へ出掛けました。

目当てのものを購入し帰ろうとすると、生理痛が悪化。動けないほどの痛みに襲われてしまいました。近くに座れそうな場所はないかと見まわしましたが見当たらず、立ったまま痛みをやり過ごすことに。

明らかに様子がおかしい私を、道行く人がちらちら見てはいましたが、ただ通り過ぎていくばかり。そんなときです。

「大丈夫ですか?」

やさしく声をかけてくださったのは、見知らぬ30歳くらいの男性でした。「生理痛がひどくて」と正直に言うのがなんとなく恥ずかしかった私は、とっさに「大丈夫です」と返事。

しかし、男性はきょろきょろと辺りを見渡して「少し歩いた先にベンチがあります。歩けますか?」と教えてくれたのです。

私がうなずくと、男性は私の荷物を持ってくれ、ベンチまで案内してくれました。

5分ほどで痛みがひいてきて…

それからも、その男性はベンチに座った私のそばにいてくれました。男性は「何か必要なものありますか?」と聞いてくれましたが、これ以上何かしてもらうことが申し訳なく、私は「大丈夫です。ありがとうございます」とだけ返事をしました。そして、ベンチに座って5分経ったころ、痛みがすっと引きました。「今なら歩けそう! 帰るチャンスだ」と思った私は、男性にお礼を言い帰ろうとしました。

しかし、男性は「近くまで送りますよ」と先ほどのように荷物を持ってくれたのです。

帰宅中も「そこに段差があるので、足下、気を付けてください」と言ってくださったり、車道側を歩いてくださったり、至れり尽くせり。

そして、男性は私を送りながら「どうしようか迷いましたが、あまりにも顔色が真っ青だったので、声をかけてしまいました」と話してくれました。男性のやさしい気持ちに、心が温かくなりました。

あえて最後まで送らない心配り

しばらく歩いていると「家はどの辺りですか?」と聞かれたので、「そこ信号を渡ったらすぐです」と答えました。すると彼は「では、ここまでにしておきますね」と荷物を返してくれたのです。

家の前まで送ってしまうと、家の場所がバレてしまう。きっと男性は私が「知らない男性に家を知られるのは嫌なのでは?」「もし嫌だったとしても言い出せないのでは?」と考えたのでしょう。わざと家の前までは送らず、途中で荷物を返してくれたのです。

具合の悪い人に声をかけられるだけでなく、こんな配慮もできる男性に私は驚き、とてもうれしくなりました。私は「ありがとうございました」とお礼を言い帰宅しました。

まとめ

今振り返ると「あのとき、痛みがすぐに引いたのは、あの男性が声をかけてくれて安心できたからかな?」とも感じます。もちろん、あの男性とはあれ以来会っていません。でも、もう一度会えたら、しっかりお礼を言いたいなと思います。

監修/助産師REIKO
著者/佐藤里桜

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

関連記事:
「ねぇ、足から血…」「え?まさか!」男友だちの言葉に血の気がひいた!
「え?まさか」産後3カ月、下着に黒いシミ。病院で診察を受けると…?
「ナプキンを持って行くのが恥ずかしい」小さな恥じらいが招いた大失敗!

生理のマナーカテゴリーの最新記事