男性は生理をどのくらいわかってる?男性100人の生理知識テスト結果発表!

男性は生理をどのくらいわかってる?男性100人の生理知識テスト結果発表!

長らくタブー視されていた感のある「生理」のこと。でも、ここ数年、生理をテーマにしたマンガやテレビ番組、映画が出てきたり、パートナーとの共有機能を備えた生理管理アプリも増えるなど、生理=タブーという認識を打ち破ろうという動きがみられます。

でも、パートナーなど身近な男性たちは、どのくらい生理のことをわかっているのでしょう? そこで、成人男性100人に「生理についての知識テスト」をおこなってもらいました!

※調査概要
調査対象:株式会社ベビーカレンダーが企画・運営している「ファーストプレゼント」「おぎゃー写真館」のサービスを利用された方のパートナーなどの男性、ベビーカレンダー男性社員および関係者の男性
調査期間:2021年4月4日~2021年4月20日
調査件数:100件(有効回答数100件)

※調査に協力していただいた男性の平均年齢は37.6歳、100人中88人が既婚者でした。

どんな問題にチャレンジしてもらった?

答えてもらった設問は、次の20問です。すべて、〇(正しい)か✕(正しくない)のどちらかを選んで回答してもらいました。

1)生理とは、女性の体内から血液が出てくるものである
2)正常な一回の生理期間は、だいたい2~3日程度である
3)一回の生理期間で排出されるものの正常量は、合計大さじ1杯程度(約15ml)である
4)生理は1カ月に一回と決まっている
5)生理中、女性は必ずイライラする
6)生理痛がある女性もいれば、生理痛がない女性もいる
7)ストレスで、生理が止まってしまうこともある
8)排尿・排便のように、20歳くらいになると生理で血を出すのを我慢できるようになる
9)生理が始まる3日前は妊娠しやすい
10)日本人女性の多くは、生理は40歳ごろに終わる
11)生理用ナプキンを、1~2時間で替えないといけない人もいる
12)生理用ナプキンには、朝用・昼用・夜用がある
13)生理用ナプキンは繰り返し使えるものもある
14)タンポンは、腟の中に入れる生理用品である
15)月経カップ(生理カップ)はタンポンの別名である
16)生理用品の日本の消費税率は8%である
17)女性は妊娠すると生理がストップし、多くの場合、出産すると出産した翌月から生理が始まる
18)子宮の病気には、妊娠することで改善する病気もある
19)法律で定められてはいないが、「生理休暇」という制度がある会社がある
20)厚生労働省の調査※によると、日本の女性労働者のうち、生理休暇を請求した者の割合は約5%であった
 ※調査期間:平成26年4月1日から平成27年3月31日

簡単な問題あり、ひっかけ問題あり、ぜひ知っておいてほしい大切な問題あり、女性でもちょっと「うーん」と悩んでしまいそうな問題あり……の20問です。次からは、正解と解説、そしてどのくらいの男性が正解できたのかについて、紹介していきます。

設問1 生理とは?

正解は「× 」。生理では、血液だけでなく剥がれ落ちた子宮内膜などが含まれており、子宮内膜が剥がれ落ちるから、血が出るのです。
正解できた男性はたった14%と、正解者が少なかった問題です。

設問2 正常な一回の生理期間は?

正解は「× 」。正常な一回の生理期間は3~7日とされています。
この問題は81%の男性が正解していました。

設問3 一回の生理期間の排出量は?

正解は「×」。一回の生理間で排出されるものの量は、正常範囲では合計で20~140mlとされています。大さじ1程度の経血ではすまないことがほとんどです。この問題も82%と多くの男性が正解!

設問4 生理は1カ月に一回?

正解は「× 」。生理周期の正常範囲は、24~38日。1カ月1回程度ではありますが、生理不順の人は1カ月に2度生理がきたり、何カ月も生理がこない人もいます。きっちり1カ月に一回と決まっているわけではないのです。この問題に正解したのは66%。

設問5 生理中は必ずイライラする?

正解は「× 」。生理症状はとても個人差が大きいもの。生理中に情緒不安定になる人は多いですが、その症状の有無は人によって違います。生理中だからといって、必ずしもイライラするとは限らないのです。この問題の正解率は70%。ということは、3割の男性は「生理中の女性は必ずイライラするものだ」と思っているってこと!?

設問6 生理痛はある人とない人がいる?

正解は「〇」。設問5と同様、生理症状はとても個人差が大きく、生理痛がある人もいれば、ない人もいます。ただし、「生理痛はないのが普通、生理痛があることは異常」と話す婦人科医もおり、生理痛があるのは、冷えなどからくる「生活習慣病」かもしれないし、手術などが必要な別の病気が隠れていて、その病気に付随するものかもしれません。なお、この問題はほとんどの男性が正解。

関連記事:ぜひ知って!「生理痛がある=異常事態」原因や受診の目安も【医師監修】

設問7 ストレスで生理が止まる!?

正解は「〇」。生理は、排卵がおこなわれた14日後にきますが、この排卵はちょっとしたストレスにも影響されます。そのため、ストレスが原因で生理が止まってしまうケースも。なお、この問題もほとんどの男性が正解。

関連記事:周期が安定しない=ホルモンバランスの乱れ!?生理不順とは【医師監修】

設問8 成人すると経血の排出を我慢できるようになる?

正解は「×」。「できる」という人も多少いるという話も聞きますがが、現状多くの女性ができているものではありませんし、年齢によってできるようになるものでもありません。この問題も90%以上の男性が正解。

設問9 生理開始3日前が妊娠しやすい?

正解は「× 」。排卵は生理の約14日前におこなわれ、排卵日前後が妊娠しやすいと言われています。3割の男性は「生理3日前が排卵日」と思っている!?

設問10 生理の終わりは40歳ごろ?

正解は「×」。日本産婦人科学会によると、日本人女性の平均閉経年齢は約50歳。ただし、早い人は40代前半で終わる人もいるようです。この問題は85%の男性が正解をしていますが、15%くらいの男性は「40歳くらいで閉経してしまう」と思っているのですね。

設問11 1~2時間で生理用ナプキンを替える?

正解は「〇」。過多月経といって、経血量が異常に多い女性などは、ナプキンが1時間もたないという人もいます。この問題はは意外と正解率が高く、90%以上の男性が正解。

設問12 生理用ナプキンは「昼用」「夜用」…「朝用」?

正解は「× 」。朝用はありません。比較的、こまめに替えられる日中用の小さめサイズを「昼用」、就寝中など長時間の使用になる大きめサイズを「夜用」と呼ぶことが多く、使用用途や経血量によっては、日中に夜用を使用している女性もいます。

男性の正答率は低く、正しく答えられたのは13%のみ。こちらはひっかけ問題だったでしょうか?

設問13 生理用ナプキンは繰り返し使える?

正解は「〇」。使い捨てナプキンは一度きりの使用ですが、布ナプキンや吸水タイプのサニタリーショーツなど、洗って繰り返し使えるものもあります。布ナプキンの存在を知らない男性が多いのでしょうか、正解率は低く、たった30%。

設問14 タンポンは、腟の中に入れる生理用品である

正解は「〇」。タンポンは、腟に挿入して、経血を吸収させる生理用品です。こちらは少し簡単すぎたでしょうか? 96%と多くの男性が正解。

設問15 月経カップ(生理カップ)はタンポンの別名である

正解は「× 」。ナプキン、タンポンに続く、第3の生理用品とも呼ばれる月経カップ。月経カップもタンポンはどちらも腟に入れる生理用品ですが、形状や経血を漏らさない方法などまったく別物です。

月経カップは、天然樹脂や医療用シリコーンなどで作られたカップ状の生理用品で、腟に入れたカップに経血を貯めておき、トイレでカップを取り出して、経血を処理します。

設問16 生理用品の日本の消費税率は?

正解は「× 」。生理用品には軽減税率は適用されておらず、税率10%です。約3割の男性は、生理用品には軽減税率が適用されていると思っているようです。

設問17 出産後は翌月から生理が始まる?

正解は「× 」。妊娠すると生理はストップしますが、出産しても翌月から生理が始まるとは限りません。産後の生理の再開時期は人によってさまざまで、翌月始まる人もいれば、産後1年以上生理が再開しない人もします。

設問18 妊娠することで改善する病気がある?

正解は「〇」。子宮内膜症は、妊娠して月経がストップすることで改善することがあります。この問題は正解率が低く、正解した男性は37%。

設問19 法律で「生理休暇」は定められている?

正解は「×」。ポイントは「法律で定められてはいないが」という点。生理休暇は、労働基準法第68条により、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と定められているのです。「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したとき」という条件を満たしているなら、会社は生理休暇を与えないといけないということになっています。

設問20 生理休暇を請求した人は約5%?

正解は「× 」。厚生労働省の調査によると、女性労働者がいる事業所のうち、平成26年4月1日から平成27年3月31日までの間に、生理休暇の請求者がいた事業所の割合は 2.2%、女性労働者のうち生理休暇を請求した者の割合は 0.9%で、なんと100人に1人いるかいないか。5%よりももっと少ないのです。
参考資料:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/71-27-03.pdf

全20問の回答と正答率は、以上の通りでした!
この記事を読んでいたあなたはどのくらい正解できましたか?ちなみに1問5点×20問の100点満点で計算し、平均を出すと、平均63.95点という結果に。合格点……とまではいかないけれど、まぁまぁという感じでしょうか?

今回は少し簡単すぎたかな?という設問もいくつかあったので、また次回も調査をしてみたいと思います!

監修/助産師REIKO

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 影日向に咲く薬剤師たちの奮闘物語
    アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    「月刊コミックゼノン」(コアミックス)にて連載中。ドラマ化もされた本作から生理痛、低用量ピルについてを描いた回をご紹介。
    荒井ママレ さん
  • 正しい性教育とは?
    子どもたちの性問題 解決編
    「お母さんたちは入ってこないでね」ある日を境に子どもたちがコソコソ遊ぶように。一体何をしているのかー!?
    ゆっぺ さん
  • 女のドロ沼恋愛体験談!
    看護学校の友人に彼氏とられた話
    看護学校に通うアオイは、同じクラスのキラキラ女子・トシエからよく思われておらず……。アオイに嫉妬心を燃やすトシエは……
    イルカ さん
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • もしかして私、嫌われてる!?
    花嫁の条件
    4歳年上の”たく”とは付き合って1年。順調に思えた交際だったけど…!?
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 私がまさかの病気に…!?
    結婚まで
    大学生のもこぞーと社会人のモブ男はプチ遠距離恋愛中。やさしい彼に支えられ、平和で幸せな日々が続くと思っていたがーー。
    もこぞー さん
  • この男、クズすぎる!
    猫系?クズ男と三角関係
    コハルが新卒入社した会社で出会ったのが、3歳年上の先輩・ナツオ。一見やさしそうな彼は、実はとんでもないクズ男でーー!?
    モモ さん
  • 左胸にしこり…!?
    乳がんが見つかった話
    人間ドックと一緒に乳がん検診を受けたあと、なんと「再検査が必要」と通知が!
    宝あり子 さん
  • 彼に依存し、鬱病も発症し…
    鬱になった私が結婚するまでの話
    1女のママであるたにさん。今の幸せを手に入れるまでは大きなハードルがありました。鬱病と彼への依存で…。実体験マンガです!
    たに さん
  • 決めた結婚!でも前途多難!?
    付き合って0日で結婚を決めた2人の話
    フォロワー約25万人のえむふじん(@mshimfujin)さんが描く、夫えむしさんとの結婚するまでのエッセイマンガ
    えむふじん さん
  • まさかこんなことになるとは!?
    友達だった2人が付き合って0日で結婚を決めた話
    インスタフォロワー約25万人のえむふじん(@mshimfujin)さんが、夫えむしさんとの出会いを描くエッセイマンガ
    えむふじん さん
  • 男性恐怖症の女に彼氏ができたワケ
    学生時代の経験がきっかけで男性に恐怖心を抱くように……。"男性恐怖症"のぺいさんが、現在の彼と付き合うまでを描いたマンガ
    ぺい さん
  • 留学先で運命の出会い!?
    国際恋愛、始めました。~日台カップル~
    アメリカ留学に旅立ったみみさん。運命の男性と出会うものの、さまざまなハードルが…。台湾在住ママの実録恋愛ストーリー!
    みみママ さん
  • 恐怖の術中覚醒体験
    手術中に目覚めたはなし
    生理痛に悩まされていた稲さん。婦人科を受診したことがきっかけ、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかり……。
  • あれは、忘れもしない小5の夏休みーー
    初潮がきた日
    生理というものを初めて自分の体で体感したとき、今までの自分とは何かが変わってしまったように思えてーー。
    ざく ざくろ さん
  • 激ヤバ彼氏と別れた後に運命の出会いが!
    ヤバい元彼と別れた翌日に知り合って間もない年下男子と付き合った話
    年下男子である"旦那ちゃん"と出会ってお付き合いするまでのストーリー。ヤバい元彼とのヤバい交際期間があって……!?
    あるちゃん さん
  • 境界悪性卵巣腫瘍闘病記
    卵巣ボーダーライン
    妊娠中に判明し、現在も経過観察中の卵巣腫瘍(ステージIcの境界悪性卵巣腫瘍)の闘病記を描いたマンガ
    かたくりこ さん
  • 夜職彼氏と付き合うのは大変!?
    夜職彼氏との付き合い方
    彼氏のおむつくんは1歳下でとても甘えん坊。夜職をしている彼との付き合いは思ったよりも大変で…!?
    大福 さん
  • PMSを治したい!!
    PMSがひどいので病院に行ってきました
    PMS(月経前症候群)に悩まされるまゆさんが、ついに限界を感じ、病院に行ったとき実体験を描いたマンガです。
    まゆ さん
  • 無性に先が気になっちゃうムズキュン馴れ初めストーリー
    さく坊 夫との馴れ初め
    栄養士専門学校で、のちに夫となる男性と出会ったさく坊さん。しかし2人の関係はなかなか深まらずーー。
    さく坊 さん
  • アラサーこじらせ女の婚活体験記
    結婚相談所に入会してすぐに退会した話
    28歳で転職し、仕事ばかりの生活にふと将来の不安をおぼえたまのりさん。意を決して結婚相談所の門を叩く!
    まのり さん
  • え…まさか私ががん!?
    子宮頸がん疑いで人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がん疑いで人生初手術をした記録。
    大福 さん
  • まさかの産後1年で!?
    ガンになっちゃった!?
    マルコさんは10年前、子宮頸がん疑いで手術をした経験が。そのとき長女は1歳。どう向き合い、なぜ手術したかを綴ったマンガ。
    マルコ さん
  • こんな思いをする子を1人でも救いたい……!
    「生理の貧困」を知っていますか?
    生理の貧困は様々な理由で生理用品が入手困難な状態を指しますが、その理由が家庭環境であることも。そんな体験をした女性の物語
    まめねこ さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • PMDDの症状が出ると急にポンコツになってしまい…
    PMDDの症状でポンコツ化した私
    PMDD(月経前不快気分障害)の症状と向き合いながら、家族で過ごす日常生活を描いたマンガ
    なおたろー さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • まさかの痔から!?
    なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 検診体験レポート
    27歳、はじめての子宮頸がん検診
    ラストレーター・デザイナーとして活動されているもちみかんさんがつづる、はじめての子宮頸がん検診体験談!
    もちみかん さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 彼からプロポーズをもらいたい!
    プロポーズ待ちの私が…した話
    同棲を始め、結婚を意識し始めていた2人。しかし、彼からはアクションがなく…プロポーズしてもらうためむぎさんがとった行動は
    むぎ さん
  • まさかのプロポーズドタキャン!?
    プロポーズが最悪だった話
    結婚、出産と将来のことを考えるようになり、彼に話すと彼からプロポーズ予告宣言! しかし、当日は"最悪"の展開で――!?
    まめ さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • 悪性って…つまり乳がん?
    乳がんが告知された日
    乳がんが見つかってから現在までを描いた、実体験の漫画。「乳がんが見つかった話」の続編です。
    宝あり子 さん

生理のマナーカテゴリーの最新記事