「えっ、順調じゃないの?」不妊検査を受けてみたら、意外な病が判明…

「えっ、順調じゃないの?」不妊検査を受けてみたら、意外な病が判明…

初潮が始まってから、ずっと順調だと思っていた生理。それが、アラサーになって、突然、生理周期が乱れるようになりました。そして結婚後、不妊検査をしてみたらある事実が判明したのです。

関連記事:
「なんで今日に限って!」全裸で寝ていたら、まさかの事態に大慌て!

「ちょっと変?」でも大事だとは思っていなかった

初潮からずっと周期通りに来ていた生理。しかし、28歳ぐらいから乱れることが多くなりました。

まず、経血量が極端に少なくなりました。ナプキンに「なんとなく血がついてる」ぐらいの量で、3日ほどで生理が終わることがありました。そして、生理が予定日から1カ月半ぐらい遅れることもあったのです。

それでも、なんとなく生理は来ていたし、もともと量も特に多いほうではなかったこともあり、私は重大な事とは考えず、放置していたのです。

不妊検査を受けてみたら、意外な病が判明…

その後、私は結婚。そして、不妊検査をすることになりました。

検査後、婦人科医から説明されたのは、「ホルモン値が若干異常である」ということ、そして「その周期は排卵していない」ということ。その後は、再度婦人科を受診して、採血によるホルモン値検査、フーナーテスト、AMH検査、卵管造影など、ひと通りの不妊検査を行いました。

初めの卵胞検査で排卵していないことはわかっていましたが、その後の検査で、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の値の異状がわかり、排卵しにくいことが確定。つまり、「無排卵月経」だったということがわかったのです。

※無排卵月経(無排卵周期症)とは
正常な月経周期では、排卵が起こり、妊娠が成立しなかった場合、月経となります。これに対し、無排卵月経では、排卵が起きていないのに、月経のような出血がみられることが特徴。無排卵周期症においては、生理周期の長さが一定ではないことが多く、月経期間(日数)も短かったり長かったりしますが、正常な月経と区別できない場合も。なお、無排卵月経は不妊の原因にもなります。

トラブル・病気カテゴリーの最新記事