「結婚してよかった…」心から思える!慣れない生活で始まった1日1回の大切な習慣

「結婚してよかった…」心から思える!慣れない生活で始まった1日1回の大切な習慣

彼の就職を機に結婚し、地元を離れて暮らし始めた私たち。知り合いもほとんどいない、お互いが慣れない環境で過ごす中で、2人の間にある習慣ができました。1日1回訪れる、結婚した幸せを感じられるその習慣とは……?

関連記事:
「よく別れなかったな」散らかり放題の部屋で冷凍食品を食べていた私の結婚後…

地元を離れての生活

大学生のころから付き合っていた私たちは、彼の就職を機に結婚することになりました。しかし、彼が就職して最初の勤務地は関西に決定。生まれも育ちも関東の私たちにとって、まったく未知の土地に住むことになったのです。

距離は離れていても同じ日本と思っていましたが、実際に住むとまるで別の国に来たような文化の違いがありました。もちろん知り合いと呼べる人もほとんどおらず、2人だけで協力して生活する日々が始まったのです。

新しい環境に疲れた顔で帰宅した彼

彼は就職したばかりで、同期も別の勤務地に配属になったため、誰も知らない環境のなか、1人で社会人として頑張らなければいけません。当然毎日のように疲れた顔をして帰宅します。

私も私で彼についていくために会社を辞め、フリーのWebデザイナーになったばかりのところに慣れない土地での生活が続き、疲労を感じる日々でした。

お互いが幸せを感じるために始まったのは…

そんな生活を送っていると、癒やしを求め、どちらからともなくハグをする機会が増えていきました。不思議なもので、好きな人とのハグはとてつもない癒やし効果があり、その日の疲労がすっと消えていくのをしっかりと感じられました。彼もかなり癒やしや幸福感が感じられるようで、私たちは頻繁にハグをするようになりました。

慣れない土地での生活は、きっと彼がいなければもっとずっとつらく感じていたと思います。たくさんのハグをして癒やしを与えあう瞬間、「結婚してよかった」と心から思いました。

結婚カテゴリーの最新記事