排卵のトラブル(女性側の主な不妊原因)

排卵のトラブル(女性側の主な不妊原因)
婦人科受診

卵子が育たないか、育っても排卵できない状態です。次の6つの原因が考えられます。

  
  (1)ストレスや、甲状腺機能障害などの疾患の影響で、
    排卵を促すホルモンがうまく分泌されない
  (2)加齢などの影響で、卵巣の働きが低下している
  (3)卵巣の表面の皮が硬すぎて排卵できない
  (4)黄体ホルモンの分泌が不十分で、基礎体温の高温相が続かない
  (5)卵胞(卵が入っている袋)から卵が飛び出さず、排卵できない
  (6)乳汁を分泌させるホルモン「プロラクチン」が多すぎて、排卵を妨げている

(1)〜(3)の場合には、主に「排卵誘発剤」という薬を投与して排卵を促します。
(4の場合には、黄体ホルモンを補充します。
(5)の治療には、腟から針を通して卵巣に穴をあけるなどの方法があります。
(6)の場合、脳の下垂体に大きな腫瘍ができている可能性があるため、手術で取り除くか、薬でホルモン状態を改善するなどの方法が選択されます。

妊娠・避妊・不妊カテゴリーの最新記事