トイレのドア越しに「助けてください!」突然の生理に救いの神が現れた!

トイレのドア越しに「助けてください!」突然の生理に救いの神が現れた!

就職して2年目くらいのときの体験談です。職場にいるときに予定より早く生理がきてしまい、ナプキンを持っていなかった私は、同僚の女性に助けてもらいました。まだ会社の人と馴染めていないときに起こったその経験を通して、私自身が職場で気を付けていることをお伝えします。

職場で生理がきてしまった!

これは私が新卒で勤めていた職場での話です。ある日職場で突然生理がきてしまいました。職場で急に生理がきてしまったのはこのときが初めて。休憩時にトイレの中で生理に気付きましたが、いつも規則的に生理がきていた私は、あいにくその日は生理用品を持ってきていませんでした。

職場の近くに生理用品を買えるお店もありません。入社数年の私は周りの部署に気軽に声を掛けられる同僚はおらず、ひとりトイレで焦っていると……。

トイレの洗面所から聞こえる話し声に

トイレの個室の中でひとりで焦っている私。すると、トイレの洗面所で話す女性の声が聞こえてきました。

このままひとりでトイレから出たところで、周りに男性もいるなかで「生理用品を貸してください」と他の女性社員に聞いてまわるのも恥ずかしいし、早くナプキンを入手しないと洋服にまで経血がついてしまうかもしれない……。

そう思った私は、勇気を振り絞って洗面所の声の主に話しかけてみることにしたのです。

救いの神!と私の使命

その声の主は電話をしていたので、電話が切れたのを見計らって「すみません! 生理用品お持ちでないですか? 助けてください」と声をかけました。相手は「待っててね! すぐ持ってくるから」と、数分後に生理用ナプキンを届けてくれました。

助けてくれたのは隣の部署にいる、年齢が親ほど離れた女性でした。この出来事があってから、私は新入社員の女性が入ると、助けてと言ってもらいやすい関係性をつくるため、普段から世間話をしたりよく声をかけるようにしています。

まとめ

助けてくれた先輩とは、この事件をきっかけにプライベートな話までできるほど仲良くなりました。そして、普段から職場の女性たちと気軽に話せる関係性が大切だと気付いたのです。それからは、女性の新入社員が入ると積極的に自分から声をかけるようになりました。「助けて」と言ってもらいやすい関係をつくることが、職場での私の使命だと感じています。

監修/助産師REIKO
著者/三宅ちよこ

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

生理のマナーカテゴリーの最新記事