上空10,000m…大・大・大ピンチ!思い出しても恥ずかしくなる体験

上空10,000m…大・大・大ピンチ!思い出しても恥ずかしくなる体験

自分の好きなタイミングでお手洗いに行く……そのたった1つの行動が難しく、仕事上苦労したことがありました。仕事中、制服に経血がついてしまい、恥ずかしい思いをしたことをきっかけに、自分でできる対策を試行錯誤した体験をお話しします。

上空10,000mでの出来事

私は客室乗務員として日々飛行機の中で働いています。23歳の新人だったころ、お客様からのリクエストに応えたり先輩に気を使ったりしているうちに、気付いたら8時間トイレを我慢していた、なんてことはよくありました。

その日も生理2日目で、10時間以上のフライト真っ只中でした。気づいたときには、時すでに遅し。ナプキンはもちろんつけていましたが、経血が漏れ出ていて、制服についてしまっていたのです。幸い、気づいてくれたのはやさしい心の余裕のある先輩。替えのスカートまで貸してくれたやさしさに泣きそうになりながら、お礼を伝えました。

試行錯誤してピルと出合う

たまたまやさしい先輩に指摘され気づけたからよかったものの、お客様に気づかれたら、またはずっと気づけないまま数時間過ごしていたら……と考えるととても恥ずかしかったです。

すぐに好きなタイミングでお手洗いに行けたらどんなに良いことか……嘆いても仕方ありません。自分でできる対策をしっかり取ろうと、その日から試行錯誤の始まりでした。トライ&エラーの繰り返しのなか、私が見つけた2つの解決策をお伝えします。

まず1つ目は、低用量ピルで日程のコントロール。元々生理痛がとても重く、かつ生理不順で悩んでいました。急にくる生理に大慌てなんてこともしばしば。日程を把握でき、生理に備えられるという点から、婦人科へ行って低用量ピルを処方していただき、服用を始めました。

自分に合うナプキンやショーツを選ぶ

2つ目が、モレやムレがないようなナプキンやショーツを選ぶこと。私は長時間付けていなくてはならないナプキンだからこそ、使っていて気持ちの良いものを使用したいと常々思っています。10メーカーの商品を試しに試し、かぶれにくく自分に合うものを見つけることができました。個人的にはユニ・チャームのソフィシリーズがフィットしました。

また、サニタリーショーツ選びも大切だと感じています。私が選ぶときに気をつけているのは、ナプキンのズレが少ないことと、おなかをできるだけ冷やさないこと。ズレないようクロッチが二重で、程よい締め付け感があるものが気に入っています。

しかし、締めつけがきつすぎると血行不良など体調の悪化にも繋がるので注意しています。生理中は特に体を冷やさないようにするため、股上が深くおなかを包み込んでくれるものがお気に入りです。

対策によるうれしい副産物

低用量ピルを服用することによって、思わぬうれしい付帯効果がありました。ピルにより生理の日程がわかるため、旅行等の計画の立てやすくなりましたし、運動に適している日がわかるなど体調管理にも大いに役立っています。

体調が良い日、良くない日、ダイエットに適している週など、こんなに生理の周期に女性の身体が左右されるということを知り、驚きました。また、私の場合は生理痛が大幅に軽くなり、ニキビに悩まされていた肌ともお別れすることができました。

経血漏れが制服につくという恥ずかしい経験をして試行錯誤した結果、低用量ピルの服用やモレやムレの少ないナプキンとショーツ選びという対策にたどり着きました。そして副次的な要素として、体調管理のしやすさと生理痛や肌荒れの軽減がありました。これからも自分の体の声に耳を傾けて、生理とじょうずに付き合っていきたいです。

監修/助産師REIKO
文/伊集院莉沙さん

生理コントロールカテゴリーの最新記事