「生理中ってクサイ!」恥ずかしい!vs解消したい!の先にあったのは…

「生理中ってクサイ!」恥ずかしい!vs解消したい!の先にあったのは…

生理が始まったころの私は、中学生で多感な年齢ということもあり、生理特有のにおいに悩んでいました。その後もいろいろなにおい対策を試しましたが、社会人になっても悩みは改善されず……。そして、とうとう勇気を振り絞り、絶対するわけないと思っていたことに挑戦してみると、なんと想像以上に生理中のにおいが解消されたのです。

生理特有のにおいに悩みだした中学時代

私の生理は中学2年生のときに始まりましたが、そのころはとても多感な時期であり、生理特有のにおいが、ほかの生徒に気付かれないかと、不安で仕方ありませんでした。特に好意をもっていた男子生徒がそばを通ったときなど、身の細る思いだったことを今でも鮮明に覚えています。

当時、生理については、きちんと保健体育の先生から教わっていましたが、生徒たちのなかでは生理はなんとなく恥ずかしいこと・汚いこと考える傾向があり、余計に生理中のにおいが気になっていたのかもしれません。そして、それはもう悩みといっても過言ではなく、生理が始まるとにおいが気になって憂うつになり、学校を休みたい気持ちになるほどでした。

対策をしても悩みはなかなか解消されず

生理中のにおいについての悩みは高校、大学になってもずっと続いていました。もちろんいろいろな対策も試してみました。

まず清潔が重要だと思い、タンポンやナプキンをこまめに替えることは基本として必ず心がけていました。

ほかには、経血がこびり付いたデリケートゾーンの毛先を消毒綿で拭いてみたり、デリケートゾーン専用のデオドラントクリームも付けてみたりしましたが、いずれもほとんど効果を感じることはできませんでした。

長年の悩みがあっと言う間に解消!それは…

社会人になった私は、においを解消につながる画期的な方法を知りました。それは「VIО脱毛」。そのとき私は「これで生理中のにおいはきっとなくなる!」と思ったのと同時に、デリケート部分の脱毛など、顔から火が出るほど恥ずかしく、私には絶対に無理だと諦めました。 

しかし、長年悩んできた生理中のにおい。どうしてもなんとかしたいという思いは強く、一度は諦めたVIO脱毛でしたが実行を決意! 勇気を振り絞って脱毛サロンを訪ねました。

意を決して臨んだVIO脱毛でしたが、技術者は淡々と施術を進め、想像したような恥ずかしさはありませんでした。数カ月間脱毛サロンに通い、脱毛は無事完了。その結果、生理のときもデリケートゾーンを消毒綿で拭くだけですぐにすっきりし、またデオドラントクリームを使用することで、まったくにおいは気にならなくなったのです!

まとめ

生理中のにおいを解消するためとはいえ、絶対に無理だと思っていたVIО脱毛。決心するまでには、私のなかで相当の覚悟が必要でした。しかし、勇気を出した結果、デリケート部分の清潔はいつも保たれ、においもほとんど解消! 今までこれほど勇気を出したことはなかったかもしれないと思うものでしたが、「思い切ってやってみることは本当に大切だ」と人生勉強をしたような気分になりました。

監修/助産師REIKO
著者/SAKURA

生理コントロールカテゴリーの最新記事