「えっ?肌荒れにも効くの?」駆け込んだ皮膚科ですすめられたのは…

「えっ?肌荒れにも効くの?」駆け込んだ皮膚科ですすめられたのは…

慢性的な睡眠不足と乱れた食生活で見事に荒れた私の肌。皮膚科の処方薬を飲んでも改善せず、落ち込む私に皮膚科医から提案されたのが低用量ピルでした。これは、予期せぬ理由でピルを服用することになった私の体験談です。

不摂生がたたって20代前半でひどい肌荒れに

10代のころから不摂生な生活をしていた私。ダブルワークによる慢性的な睡眠不足、外食中心で深夜にはお菓子の爆食という乱れた食生活を続けた結果、ホルモンバランスが崩れて、20代前半ながらひどい肌荒れに!

慌てて皮膚科を受診し、ニキビ治療としてビタミン剤と抗菌剤を服用したものの、改善が見られなかった私に皮膚科の先生が紹介してくれたのが低用量ピルでした。

意外に思いましたが、近年はニキビ治療のために低用量ピルを処方する美容皮膚科もあるとか。心強く感じた私は、自分なりにピルに対するリスクを調べたうえで、普段から定期的ながん検診や内膜症の血液検査でお世話になっている婦人科で処方してもらい、20代半ばからピル生活をスタートさせました。

皮膚科医のすすめでピルを服用

ピルを飲み始めてしばらくは、軽いつわりのような吐き気がありましたが、数カ月経つころには体がピルに慣れて吐き気も治まり、肌荒れも大幅に改善。

美肌だけでなく、生理不順の面でもピルの服用は大きな効果をもたらしました。

私はPMS(月経前症候群)にも悩まされていたのですが、それが軽減、これまで多かった生理時の経血量も落ち着き、周期が一定になったことで旅行などのスケジュールが立てやすくなったのです。

まとめ

その後、結婚したことでピルの服用はやめました。そして、妊活を始めてすぐ、無事に赤ちゃんを授かることができました!

思わぬ理由から服用したピルですが、当初の目的だった肌荒れ治療のほかにも、私にとってはさまざまなメリットを感じることができました。とくにPMSが緩和したことは、毎月やってくる生理の憂うつ感から解放されたような気がします。

監修/助産師REIKO
文/中村羊さん

▼ムーンカレンダーの生理&結婚体験談はこちら

関連記事:
「私が非常識!?」彼の母親に指摘された「世間のフツー」に驚き&反省…
「え?まさか」産後3カ月、下着に黒いシミ。病院で診察を受けると…?
「ないわ」生理症状のつらさを彼に訴えたら、ショックな言葉が返ってきた

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • 【毎日更新中】それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • え…まさか私ががん!?
    【子宮頸がん】人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がんで人生初の手術をした闘病マンガ。
    大福 さん
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • 恋愛こじらせ女が結婚するまで
    新婚夫婦の日常をつづっている、でんでんむしさんが描く、夫のまーちゃんと結婚するまでのお話です。
    でんでんむし さん

生理のマナーカテゴリーの最新記事