紆余曲折がすごすぎる!生理不順で22年婦人科に通い続け、ついに…!

紆余曲折がすごすぎる!生理不順で22年婦人科に通い続け、ついに…!

私が初めて婦人科に通うようになったのは、高校1年生のころ。それからはいろいろな薬を飲んだり、薬をやめてみてはまた生理が止まったりを繰り返していました。そんな婦人科通院歴22年の私も、ついに母になることができました。

高校1年生で生理がストップ。大事だとは思っていなかった

高校に入学してすぐくらいのころです。突然、生理が止まりました。正直、毎月の生理は億劫だし、初めは「ちょっとラッキー☆」くらいの気持ちでした。その状態が2カ月、3カ月続いても、「あれ? 生理、ぜんぜん来ないけど、大丈夫かな? 彼氏はいるけどまだそこまでの関係じゃないから妊娠じゃないし……まぁ、いっか」という調子で、あまり大事と思っていなかったのです。

母から「生理、来てないの?」と聞かれても「遅れてるだけだよ」「そのうち来るよ」と言い続けていた私。しかし、それが半年ほど続いたころに、母に「いい加減にしなさい!」と怒られて婦人科へ行きました。

薬を飲むと生理が来て、やめると生理が止まる生活

診察後、医師にはこう言われました。

「15~16歳の体は未熟だから、生理不順があってもおかしくはないけど、そのままにしていると大変なことになりかねないよ」

そして、私は毎日同じ時間に薬を飲んで、生理を来させるようにしました。しかし、生理痛もひどく、毎日生理2日目のような出血が1カ月続くように。そこで再度婦人科を受診し、毎月2種類の薬を2週間ずつ飲むことになりました。そうして定期的に婦人科を受診しながら、高校卒業が近づいたころ、ようやく薬に頼ることなく、毎月定期的に生理がくるようになったのです。

そして、高校卒業後、晴れて上京! しかし、また生理が止まってしまいました。 ひとり暮らしなので、生理が止まっても「病院へ行きなさい!」と言ってくれる人はいません。でも、3カ月ほど経つと私は怖くなって、病院へ行きました。

トラブル・病気カテゴリーの最新記事