「その手があったか!」なんて画期的!女性の身体を正確に把握するフェムテックとは

「その手があったか!」なんて画期的!女性の身体を正確に把握するフェムテックとは

2021年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「フェムテック(Femtech)」。その言葉の認知度が高まるにつれ、生理について話すタブー感も薄れつつあるように感じる昨今、前回の記事では進化する生理管理アプリについてご紹介しました。

関連記事:
「生理が美容や運動に役立つの!?」生理管理アプリはもっともっと進化する!

同時期に、耳にする機会が増えたと感じるのは「デリケートゾーン」に関する話題。デリケートゾーンのケアに関するアイテムのほか、海外ではデリケートゾーンに挿入したり当てたりすることで、女性が自分自身の体の状態を可視化できるアイテムも登場しています。

今回はそんなデリケートゾーンに関する海外のフェムテックアイテムをご紹介します。

おりものを分析して妊娠しやすいタイミングを予測するアイテム

まず、ご紹介するのは妊活に関するアメリカ・サンフランシスコ発のデバイス「kegg」です。

妊活を考える人がチェックしなければいけない排卵のタイミング。そうした妊娠に最適なタイミングを、「kegg」を使えば「おりもの」でチェックできるというものです。

使い方は、まず小さい卵型のデバイスを膣に入れ、「締める」「緩める」の動作を数回繰り返します。2分間の計測が終了すると、デバイスが小刻みに震え、先端のセンサーがおりもののデータを収集。結果は連動したスマートフォンアプリですぐに確認することができるのです。

毎日の測定結果は基礎体温表のようなグラフになるため、ホルモンの動きを実感することができます。

製品が生まれたきっかけは、創業者自身の妊活の経験。医師に勧められておりものを自分でチェックするようになったkegg創業者・クリスティーナは、指を膣に入れておりものの感触やにおい・粘り気をチェックするという昔ながらの方法に心理的な抵抗や負担を感じたそう。そうした経験から手軽におりものをチェックできるデバイスの開発に至ったそうです。

テクノロジーの力で妊活の負担を減らす「kegg」は、女性にとって救いとなるアイテムとも言えますね。

骨盤底筋をトレーニングできるデバイス

産後や更年期に、尿漏れや子宮、膀胱といった骨盤内の臓器が外に出てくる骨盤臓器脱に悩む女性は意外と多く、世界で38億人と言われる女性の人口の実に約1/4である10億人以上の女性(※)がそうした骨盤底筋群の問題を抱えているそうです。

アメリカ発の「Perifit」はこうした問題を防ぐための骨盤底筋トレーニング(通称:膣トレ)用に、プロの理学療法士がデザインしたアイテムです。アプリと連動したデバイス「Perifit」を使えば、ゲームを楽しみながら短時間で無理なく骨盤底筋のトレーニングができるのです。

使い方はまず「Perifit」を膣内に挿入し、「締める」動作を行います。するとデバイスにかかった圧力の強さを内蔵センサーが測定し、連動したスマホアプリにデータが自動で表示されます。他にも骨盤底筋トレーニングをしながらゲームをクリアしていくゲームモードもあり、楽しみながら無理なく膣トレを習慣化できます

骨盤底筋トレーニングは海外では“kegel exercises”と呼ばれ、ドラマの中の登場人物のセリフの一つとしても登場するほど。くしゃみや咳、運動やジャンプの拍子に思わず尿漏れを経験し、恥ずかしい思いをしたり、自信をなくしたりしている女性は世界中に存在しているのです。

「Perifit」はそのような女性の悩みを解決することを目的に作られた、心強い味方です。

※出典:https://perifit.co/

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 影日向に咲く薬剤師たちの奮闘物語
    アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
    「月刊コミックゼノン」(コアミックス)にて連載中。ドラマ化もされた本作から生理痛、低用量ピルについてを描いた回をご紹介。
    荒井ママレ さん
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • 境界悪性卵巣腫瘍闘病記
    卵巣ボーダーライン
    妊娠中に判明し、現在も経過観察中の卵巣腫瘍(ステージIcの境界悪性卵巣腫瘍)の闘病記を描いたマンガ
    かたくりこ さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • え…まさか私ががん!?
    子宮頸がん疑いで人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がん疑いで人生初手術をした記録。
    大福 さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • 無性に先が気になっちゃうムズキュン馴れ初めストーリー
    さく坊 夫との馴れ初め
    栄養士専門学校で、のちに夫となる男性と出会ったさく坊さん。しかし2人の関係はなかなか深まらずーー。
    さく坊 さん
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • 恋愛こじらせ女が結婚するまで
    新婚夫婦の日常をつづっている、でんでんむしさんが描く、夫のまーちゃんと結婚するまでのお話です。
    でんでんむし さん
  • まさかのプロポーズドタキャン!?
    プロポーズが最悪だった話
    結婚、出産と将来のことを考えるようになり、彼に話すと彼からプロポーズ予告宣言! しかし、当日は"最悪"の展開で――!?
    まめ さん
  • 彼からプロポーズをもらいたい!
    プロポーズ待ちの私が…した話
    同棲を始め、結婚を意識し始めていた2人。しかし、彼からはアクションがなく…プロポーズしてもらうためむぎさんがとった行動は
    むぎ さん
  • PMDDの症状が出ると急にポンコツになってしまい…
    PMDDの症状でポンコツ化した私
    PMDD(月経前不快気分障害)の症状と向き合いながら、家族で過ごす日常生活を描いたマンガ
    なおたろー さん

生理グッズカテゴリーの最新記事