生理不順を軽くみないで!病気が隠れていることもあるんです【医師監修】

生理不順を軽くみないで!病気が隠れていることもあるんです【医師監修】

あなたは定期的に生理がきていますか? こまがた医院 院長の駒形依子先生によると、生理はちょっとしたストレスでも遅れてしまうのだとか。じゃあ、どこまで遅れたら問題なの? 受診すべきなの? 生理不順について詳しく教えてもらいました。

教えてくれたのは…
こまがた医院院長 駒形依子(こまがたよりこ)先生

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

生理不順ってどういう状態のこと?

生理不順とは、生理周期が乱れていることを言います。

生理周期は、「生理が始まった日から、次の生理が始まる前日までの日数」を指します。一般的な生理周期の範囲は25~38日とされていて、24日以下は頻発月経(ひんぱつげっけい)、39日以上を稀発月経(きはつげっけい)と呼びます。

ただし、生理周期が24日以下や39日以上であっても、安定して定期的に生理がきていれば、生理不順ではありません。23日周期でも、40日周期でも周期が安定していれば、それがその人の体のリズムに合った生理周期ということです。

前回は25日で生理が来たのに、次は40日だった、その次は50日で、その次は28日…のように、生理周期が定まらない状態であれば、生理不順かも。生理がくる時期が毎月変わる、時期が読めなくて常にナプキンを携帯しているという人は、生理不順の恐れがあるので、自分の生理周期を記録することから始めましょう。

また、妊娠していないのにも関わらず、2~3ヶ月に1回しか生理がこないという人は無月経に近く、過度なストレスや不妊症の恐れも。その場合は、一度病院で相談してみましょう。

どうして生理不順になるの?

生理周期は、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期という4つの期間で構成され、なかでも排卵が行われる排卵期は2~3日間と短い期間。この排卵はちょっとしたストレスで遅れたり早くなったりします。 

排卵が行われると、その14日後に生理が来ます。この周期は、生理不順であっても変わりません。すなわち、生理が遅れたということは、排卵が遅れたということ。逆に、生理が早くきた場合は、排卵が予定より早まった、もしくは排卵しなかった可能性があるということです。 

たとえば、仕事や家庭、学校生活などで忙しかったり、寝不足だったり、はたまた好きな人に振られたりなどの、ちょっとしたストレスで、排卵は影響を受けます。さまざまなストレスを受けやすい現代社会ですから、多少乱れてしまうのは仕方ないのかもしれません。

そのため、前後1週間くらい周期がずれるのはあまり気にしなくても大丈夫。あまり神経質になりすぎてもストレスになってしまうので、自分が何日間くらいの周期なのかを把握しておくのが大事です。

生理不順は整えたほうがいい?

そもそも生理は、女性ホルモンの働きで起こるもの。ホルモンバランスが崩れると生理不順になることがあり、生理は健康のバロメーターと言っても過言ではないほど、女性にとって重要な現象なのです。

さらに、ホルモンは自律神経と密接に関係しており、自律神経失調症の症状が生理不順として表れている恐れも。また、卵巣の病気が原因で生理不順に陥り、放っておいたら手術が必要なほど病気が進行していた…なんてこともあります。

また、生理不順が常態化し「いつものことだから」と慣れてしまうと、妊娠に気づかないことも。

「自分は生理不順かも」と思う人は、隠れた病気がないか、一度婦人科で検査してみるといいでしょう。

ちょっとしたストレスで起こる生理周期の乱れは、放っておくと生理不順に繋がります。「いつも遅れるな~」「今月はなんだか早いな」と思ったら、前回の生理からどんな生活をしていたか振り返って、心当たりがなければ病院に相談してみてもいいかもしれません。

生理の基礎知識カテゴリーの最新記事