「生理じゃないのに出血!?」不正出血は生理と何が違う?見分け方法・受診の目安【医師監修】

「生理じゃないのに出血!?」不正出血は生理と何が違う?見分け方法・受診の目安【医師監修】

「今月の生理はまだ先のはずなのに、出血してる!」「なんだか生理とは違うみたいだけど、この出血って何?」生理ではない出血を経験したことがある人は、そのときの小さな違和感を口にします。でも、ちょっとの出血なんてたいしたことがないはず、生理がきたらリセットされるはず……そんな思い込みをしていませんか? その出血は、あなたのカラダから出されている、助けて!のサインかも!?いざというときに、そして今悩んでいるあなたに、生理ではない出血「不正出血」について、知っておきたいことを婦人科医に聞きました。

答えてくれたのは……
三鷹レディースクリニック院長 天神尚子(てんじんひさこ)先生

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、1995年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

そもそも不正出血ってどんなもの?

まずは生理の定義をおさらいしましょう。女性の体では、ある周期で、卵巣から「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンがリズミカルに分泌されることによって、子宮内膜が厚くなり、妊娠に備えます。しかし、受精卵が着床しないと、子宮内膜がはがれて、出血とともに体外に排出されます。これが生理です。

不正出血とは、この生理以外の出血のすべてをいいます。ただし、妊娠中はまた別です。

不正出血と生理って何が違う? 見分ける方法は?

不正出血と生理の違いは大きく分けて3つあります。

1)不正出血は生理ほど出血量が多くない
2)生理は色が鮮血、不正出血は茶色っぽいことが多い 
3)生理は数日続くが、不正出血はすぐ止まったり、長く続くこともある

ただ、自分で不正出血なのか生理なのかを判断することはとても難しいです。大切なことはたとえ出血が少量であれ、茶色っぽい出血だとしても、出血しないはずの時期の出血はやはり「何かおかしい」と疑ってみることです。

また、生理周期が不順の方は不正出血に気づくことが難しいかもしれません。生理周期と不正出血が重なることもあり、迷うことが多いからです。そんな場合も、とにかく「あれ?いつもの生理とちょっと違うかな?」と思ったら、自己判断はしないこと。病気のサインである恐れもあるので、迷わず婦人科を受診して、どこから出血しているのか明確にしてもらいましょう。

生理の基礎知識カテゴリーの最新記事