「あー!やっちゃった…」生理で汚したとき、どうしてる?手洗いいらずの専用洗剤を使ってみた!

「あー!やっちゃった…」生理で汚したとき、どうしてる?手洗いいらずの専用洗剤を使ってみた!

生理中の経血もれでショーツが汚れてしまった経験は、多くの人があるのでは? 急な生理で普段ばきのショーツにシミができてしまったり、サニタリーショーツをはいていても、就寝中に後ろもれしたり、多い日で横もれをしてしまったり……。その度に、ごしごし手洗いしてから洗濯機に入れている人も多いのではないでしょうか。そんな面倒な手洗いの手間を大幅にカットしてくれるという経血汚れレスキュー洗剤があったので、試してみました!

関連記事:
SNSで絶賛の生理用品「シンクロフィット」どう使うの?何がいい?徹底レビュー!《前編》

経血汚れのためのレスキュー洗剤ってどんなもの?

今回試してみたのは「ロリエ 経血・おりもの用 ランジェリー泡洗剤」。近所のドラッグストアでは生理用品コーナーに置いてあり、税込493円でした。80mlと洗剤用品の中では容量が少なめなので、ちょっと割高感を感じました……。

大きさは昼用の羽根付きナプキンと同じくらいのコンパクトサイズ。手の平に納まるサイズ感とシンプルなパッケージは、洗濯機周りで場所を取らず見た目も気にせず収納できそうです。

以前から気になっていた無印良品のサニタリーショーツをちょうど購入したばかりだったので、クロッチ部分にワンプッシュ出してみました。ワンプッシュの量は、泡ハンドソープの1回量よりはやや少な目な印象です。ホワイトフローラルの香りなので、漂白剤を使うときのようなツンとしたにおいもありませんでした。

使い方としては、経血やおりもの汚れに直接泡をつけて、すぐに普段使いの洗剤で他の洗濯物と同じように洗うと書いてあります。使用量の目安は、泡が汚れを覆う程度でOKだそう。

ただ、いくつか注意点もありました。

●毛・絹の素材、家庭での洗濯禁止
●「中性洗剤使用」表示がある衣料品には使えない
●泡を塗った後に放置したり、液体漂白剤の原液と一緒に塗布するのはNG
●ドロッと経血など、固形の汚れが付いている場合は、あらかじめ取り除いておく

上記に注意して使うことが必要のようです。では、さっそく使ってみましょう!

生理グッズカテゴリーの最新記事