「最近よく聞く『フェムテック』って何?」女性の生活がもっと豊かになる!

「最近よく聞く『フェムテック』って何?」女性の生活がもっと豊かになる!

ニュース番組や雑誌などで、最近特集されることが増えている「フェムテック(Femtech)」という言葉。一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、女性の身体と心をサポートする「フェムテック」について事例を挙げながら解説します。

関連記事:
「ちょっと異常かも」今までにない出血量にパニック!人生初の産婦人科で言われたのは…

フェムテックとは?

そもそも「フェムテック」という単語はFemale(女性)とTechnology(技術)をかけ合わせた造語です。ドイツの生理管理アプリ・ClueのCEOであるイダ・ティン氏が2013年頃に提唱しました。

フェムテックが意味するのはその名のとおり、生理や更年期、産前産後の体調など女性のライフステージごとの健康課題を解決する製品やサービスのことです。

フェムテックという言葉が生まれた背景には、もともと男性の割合が多い投資家たちに女性の身体と心の悩みを解決することの重要性を理解してもらうため、関連サービスをカテゴライズしたという背景もありました。

そうした動きから、実際にフェムテックは経済的にも存在感を増しつつあり、2025年には世界で5兆円規模(※)の市場になると言われるほど成長しています。

※出典:アメリカの調査会社 Frost&Sullivanのレポート(外部リンク)

フェムテックがカバーする分野は?

……と、少し固い説明が続きましたが、要するにフェムテックは女性のライフステージごとの健康課題を解決するためのもの。つまり私たち女性にとって、心強い味方となるテクノロジーなのです!

具体的に、現状のフェムテックでは「生理」「更年期」「産前産後」「不妊・妊よう性」「セクシャルウェルネス」といった女性にとって身近な分野が網羅されています。

生理周期を記録し次回の生理日を予測するアプリや吸水ショーツ・月経カップといった「生理」に関する製品、卵子凍結サービスや妊娠するための力=妊よう性にかかわるホルモン検査キットなどの「不妊・妊よう性」 に関する製品、産後の尿漏れや母乳育児に対処するための「産前産後」 に関する製品など、どれも私たちが抱える健康課題を解決するものです。

海外のフェムテック事例

ここまで、フェムテックという言葉の意味や内容についてざっくりと紹介しましたが、具体的にはどういった製品があるのでしょうか。

日本に先行して、フェムテック市場が成長している欧米諸国の事例をご紹介します。

骨盤底筋トレーニングデバイス「Elvie」

出産や加齢に伴い、骨盤底筋が緩むことで起こる「尿漏れ」。それを対策するためのデバイスが骨盤底筋トレーニングデバイス・Elvieです。

手のひらサイズの小さなデバイスは連動するスマホアプリと一緒に使います。本体を腟内に挿入し、アプリで表示される骨盤エクササイズを行うと、膣内の動きがアプリに反映されるという仕組み。ゲーム感覚で骨盤底筋をトレーニングすることができる、画期的な製品です。

更年期の症状を緩和するデバイス「Grace」

更年期の症状でよく言われるのが「ホットフラッシュ」というほてりやのぼせの症状。それを緩和させるためのデバイスがGraceです。

おしゃれなブレスレット状のデバイスにはセンサーが搭載されており、手首に身に着けホットフラッシュの発生を検知すると、冷やすための冷却水が出るという仕組みになっています。まだ市場に出回っていない製品ですが、会社が拠点を置くイギリス政府からの助成金も得ながら開発を続けているそうです。

女性の健康の悩みを遠隔治療で解決する「Tia」

コロナ禍において日本でも耳にするようになった「遠隔治療」。直接クリニックに出向かずビデオ通話で診察を受けたり、処方箋をもらえる遠隔治療は海外でも注目のサービスです。

なかでも、女性の健康サポートに特化したサービスがニューヨーク発のTiaです。ビデオ通話やチャットを通じて女性の健康に関する疑問を相談できたり、診療や処方箋をもらえるほか、実際のクリニックもニューヨークやサンフランシスコに開院しており(ワクワクするようなおしゃれな内装ですね!)、バーチャル+対面で女性の健康を包括的にサポートしています。

「婦人科に行くのは心理的ハードルが高い」という日本でもよく言われる課題を、解決し得るサービスです。

日本のフェムテックはどんな感じ?

ここまでは海外のフェムテック事例について紹介しましたが、日本においても2020年は「フェムテック元年」とも言われる年でした。野田聖子氏を会長とする「フェムテック振興議員連盟」が発足し政策からの支援も期待される動きが見られたり、今年に入ってからはGUやユニクロで吸水ショーツの販売が開始され、身近なところでフェムテック商品が手に入ったりするようになりました。

しかしそれ以前でも、生理日を管理するアプリが誕生していたり、オンラインでピルを購入できるサービスが生まれるなど、日本でも女性の健康課題を解決しようとする機運は高まりつつありました。

最近では、これまで婦人科でしか行えなかったホルモン検査が自宅でできるキットや、更年期の症状についてオンラインで相談できる新しいサービスなども誕生しています。

2020年代に入り、民間・官公庁のフェムテックに関する動きが加速する中で、女性のさまざまな健康課題が解決することが期待されます。

フェムテックは私たちの可能性を広げてくれる技術

「フェムテック」という言葉だけを聞くと、少し難しそうな印象を受けるかもしれませんが、実はすべての女性にとって身近にあるテクノロジーです。

こうした技術やイノベーションにより、生理や更年期の症状が少しでも軽くなれば、体調に左右されず仕事や趣味に打ち込んだり、家族と心から楽しく向き合えたりと、より女性の生活が豊かになることにつながるのではないでしょうか。

フェムテック元年の2020年11月に誕生したムーンカレンダーでは、今後もそんな海外や日本のフェムテック製品・サービスについて紹介していきます!

★生理&結婚体験談マンガを読むならこちら

関連記事:
「やっぱコレだわ!」海外留学中に感じた日本製の素晴らしさ
「ん?入らない?」って嘘でしょ!?外し忘れてトイレでパニックに!

生理&結婚のリアルが読める 大人気連載マンガはこちら!
  • 「どうしよう……破けてる!」
    アフターピルを飲んだ話
    避妊に失敗したかも!と緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことなり……。避妊や緊急避妊薬についてまとめた体験談マンガ。
    倉間 さん
  • 【毎日更新中】それってプロポーズ!?
    失敗プロポーズ
    美大で出会い恋を育んだふたり。実はプロポーズに2回失敗していて…!?理想のプロポーズまでの紆余曲折を描きます。
    雛田あゆこ さん
  • 決死のプロポーズ大作戦!
    プロポーズされたい!
    結婚を前提にお付き合いを始めたはずなのに、彼は本当に結婚を考えてくれているの?「プロポーズされたい!」と奮闘する体験談。
    サヤカ さん
  • シャイ女子が恋をした
    超絶シャイな私が会社の元先輩と結婚する話
    気づけば22歳。結婚できる気がしない!そんなとき職場で先輩に出会って…!? むずキュン馴れ初めストーリー♡
  • なめてはいけない!子宮内膜症治療レポ
    インスタフォロワー12万人越えの人気ブロガーつんさん。ある日判明した子宮内膜症の治療を独特の視点で描きます。
    つん さん
  • 10、20代のときの向き合い方
    生理不順と私
    2人の娘さんのママであるようみんさんは高校生のころから生理不順。当時はあまり重く捉えていなかったものの…。
    ようみん さん
  • え…まさか私ががん!?
    【子宮頸がん】人生初手術をした話
    ごく普通のOLだったある日、健康診断の結果が配られて…。現在妊娠中の筆者が、子宮頸がんで人生初の手術をした闘病マンガ。
    大福 さん
  • うそでしょ!?私ががん!?
    23歳でがん!?
    23歳のときに不正出血をきっかけに受診したえみこさん。なんと子宮頸がんであることが判明!5年間の闘病体験マンガです。
    えみこ さん
  • まさか私が婦人科トラブルにあうなんて
    子宮内膜症日記
    強い下腹部痛や性交痛に耐える「も」さんの闘病マンガ。健康診断で子宮内膜症であることが判明して……。
  • 40代前半で子宮全摘!
    実録!40代婦人科トラブル
    子宮全摘手術を受けたMichikaさん。理由は大きくなり過ぎた子宮筋腫。病気の発見から手術までの日々をマンガで綴ります。
    Michika さん
  • 病気の判明から、手術に至るまで、入院生活を綴る
    卵巣嚢腫日記。
    生理周期の乱れ、不正出血などの症状が急に起こり婦人科を受診してみたら…。卵巣嚢腫の判明・手術・入院を綴ったマンガです。
    いとうちゃん(厭うちゃん) さん
  • アラフィフ・ワーママが描く
    閉経かも!?婦人科に行ってみた
    ふと生理日管理アプリを開いたところ、3カ月も生理がきてないことに気がついた!「もしや閉経では…」と婦人科の門を叩くと…?
    さとまる さん
  • 独特のタッチで描く巨大筋腫との闘い!
    巨大筋腫ができちゃいました
    長年悩んでいた生理症状で受診したら、次から次へと婦人科系の病気が判明し、最終的にはなんと巨大筋腫が見つかって…!?
    さやかわさやこ さん
  • 恋愛こじらせ女が結婚するまで
    新婚夫婦の日常をつづっている、でんでんむしさんが描く、夫のまーちゃんと結婚するまでのお話です。
    でんでんむし さん

生理の基礎知識カテゴリーの最新記事